眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

ゾウガメ園長の泥棒に追い銭的思考

岡山の動物園からゾウガメが逃げ出したと

聞いたのはお盆の前のこと。

割と早い足取りで、てくてくと動物園前から

シャバに出て行く姿をカメラが捉えていて

朝のワイドショーで放送していた

 

 

思ったより小さいゾウガメだな

 

そん時はそんな風に思った

 

ゾウガメが居なくなった事で動物園の

職員さんたちはみんな動揺していて

泣き出す人も居たりする

まあ、夏だし山の中だから多少食べ物も

ありそうだし、外敵が来ても甲羅の中に

閉じこもってればなんて事ないのかも

知れないから、すぐに見つかるだろうね

 

そん時もそう思った

 

施設内を自由に歩くのは本人の意思の尊重

だから構わないけれど

施設外に出た途端に、徘徊老人になってしまう

お年寄りの施設みたいなもんだな

 

園内を自由にさせてたという

動物園の方針を聞いてなぜだかそう感じる

 

自由、自由と言ってもモノゴトには

枠がある

ユーチューバーにだって、ミニマリスト

だって枠はあるのだ

人によって、状況によってその枠は

大きくなったり、小さくなったりするけれど

枠に囲まれていない人なんて居ない

 

我々は枠の中だけでしか生きられない

ちっぽけな存在

と思うか

我々は枠に護られた中で思う存分可能性に

チャレンジして、いつかその枠を広げて行き

やがては自分がその枠として人々を護れる

存在となるのだ

と思うか

 

なんて事も考えてしまった

 

 

やがて、ゾウガメが居なくなった事は

全国ニュースになり、ワイドショーで

面白そうに取り上げられた

ゾウガメが居なくなる事はそんなに

面白い事なのか?

お盆休みのゆるい茶の間にピッタリの

ニュースだと思ったのだろうか

 

 

と、突然。

懸賞金が掛けられた

50万円

 

高いような、安いような微妙な金額

 

懸賞金を広告費と捉えると安いもんだと

思う

全国放送で取り上げられてるわけだし

ちょうど時期はお盆休みの真っ只中だし。

 

ゾウガメ様様な話しだ

 

でも、そのイヤラシイ部分を職員さんたちの

汗と涙がうまくカモフラージュさせていて

なんだか、ぼくだって探しに行きたくなる

感じだった

 

そしたら、50万円だ

 

自分のスケジュールを確認してみる

 

半ば本気、半ば冷やかし

 

残念ながらスケジュール的には無理だったけれど

知人がたまたま通りかかって、のぞいたらしい

たまたま通りかかる場所では無いことは

Googleマップを見れば一目瞭然な訳だけど

それはこの際どうでも良いこと。

 

知人が駐車場に車を停め、動物園とは

反対の方向に歩いていると、発見者の

親子が前を歩いていたそうだ

多分、知人と前後して駐車場から出たところ

だったんじゃないかと。

 

そのあと間も無くしてゾウガメは

発見された

 

あっけないくらいに

その親子に発見されてしまった

 

そんなものだろうと思う

家の中で失くし物をして探しても、探しても

見つからないのに、あきらめ掛けた時に

ふと何でもない所に置いてあるのを見つける

そんなものだろう

 

お金目当てですよ!とインタビューに

応えていたお父さん

 

正直そうで好感度高い

 

子供も良い夏休みの思い出になったろうし

50万円できっと食べた事もないような

美味いものを食べたかも知れない

ニンテンドーswitchだって買ってもらえた

かも知れない

 

ゾウガメも見つかったし、宣伝にもなったし

親子も喜んでるし、まさに相互利益享受関係

win-win-winだな

 

そのニュースを聞いて

ぼくはそう思った

 

それで終わりの話だった

 

 

ところが、後日談のやうに

こんな記事が出てしまう

 

全文表示 | 不明ゾウガメ「15分で発見」のナゾ 園長が語った「大きな声では言えないこと」 : J-CASTニュース

 

 

なんなのだ?

何が言いたいのだ?

さっぱり分からない

 

 

一読しての感想は

動物園の園長は、まるで第三者の人間が

ゾウガメを一時的に自宅なりに持ち帰っていて

懸賞金が掛けられたから、持って来て逃した

と言っている風に読める

 

記事を書いた方は、あくまで園長の話しだと

しながら、微妙なニュアンスで発見者の親子

に疑いの目がいくような書き方をしている

 

園長は、

1.これまでに2度探した場所

2.フンや食べ残しは発見されていない

3.側溝があり、ゾウガメはその場所に

行くことができない

4.ゾウガメの背中が綺麗だった

 

ことを理由に第三者の手が

入ったことを示唆するやうな応え方を

している

 

でも、これだけでゾウガメの発見が

疑わしい理由にはならないはず

 

1.の何度か探した場所だから、と言うけれど

ゾウガメは生きているのだしその時は

そこに居なかったのかも知れない

2.の残留物が無かった、というのも

そこで食べたり、排泄をしなかっただけ

なのかも知れない

3.ゾウガメはその場所に行くことが出来ない

行くことが出来ないのに、なぜ2回も捜索

したのか? 

4.ゾウガメの背中が綺麗だった

テレビで見てたら人間が両腕を伸ばして

丸抱えして運べるくらいの大きさだった

そして、実際丸抱えして運んでいたから

土ぼこりは自然と拭き取られたのかも知れない

 

それなのに、懸賞金が掛けられたから

見つかると思ってました

みたいな言い方って、なんだ?

奥歯に物が挟まったようなとは、この事

 

懸賞金を掛けたことで沢山の人が集まって

くれて人海戦術で見つけることが出来ました

ありがとうございます

 

なら、分かる

 

でも、このインタビューの発言が

そのままだったとしたら、何が言いたいのか

さっぱり分からない

 

ワシはわかってた

 

実はこのゾウガメの騒動については

事の起こりから結末まで、ワシは

お見通しだったんじゃよ

と言わんばかり。

 

分かってたんなら尚更言うな‼︎

と思いますけどね

 

それは、この記事を書いた人にも言える事で

 

しかし、飼育員など専門家が2週間かけてもフン一つ発見できなかったのに、レジャー感覚で来た親子が、どうしてアブーを15分で発見できたのだろうか。

 

と話しを振っておきながら

それについてなんの答えも出さずに

園長のオフレコを垂れ流してシメは

 

と宮本園長は喜んでいた。

 小学生だってもっとまともな事が書けると

思いますけどね

ここで終わってしまっているから、まるで

この親子のマッチポンプみたいな印象を受ける

酷い記事だわ

 

喜んでいました。  ああそう

 

喜べないのは、発見者親子だし!

この息子、夏休み終わったら何言われるか

分からないよ

顔出ししちゃってるし、大金貰ってるし

疑われるような事書かれちゃってるし

岡山だし。

そういうことへの責任ってのは、誰が持つ

ものなんだろう?

 

探して貰って感謝する筈の

動物園に石投げられたみたいな

話しだな

園長は、泥棒に追い銭  なんて思ってる

のだろうか?

 

 

そんな事を今日は思ってしまって

悶々としてしまっている

 

 

では、また