眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

I Say a Little Prayer

明日はいよいよ引っ越し

 

蓮丹生くんです

 

 

新しい人生が始まります

新しい暮らし、新しい家族

新しい仕事、新しい趣味活動

 

同時にいろいろなことを始めるにあたって

細かな調整をして来て、やっとこの日だ!

というところにこぎ着けたのが明日という日

 

もう、精神的にはギリギリのとこ。

 

これ以上何かあって計画が遅れたら

もう自分自身がダメになっていたかも知れない

当初の活力に満ちた自分は、既にここになく

不安と自信のなさに支配されたペシミスト

化しています

 

が、もう賽は投げられており

後には引けない、後には何も無いのが

現状なのです

 

淡々と事を進めるしかない

 

 

 

ところが。

 

非常に困った事が起きています

詳しくは何も話せないけれど

自身の健康に関わる問題を含んでいます

 

この事により、この先のスケジュールが

真っ白になる可能性があるのです

未来は霧の中に

 

いや、そんなオシャレな話ではない

 

 

今ぼくは何処にも所属しておらず

愛する人とも微妙な距離感が発生しており

そこへ来てこの問題について、自分の思いを

混乱した気持ちを吐き出したいのに

それすらできない

 

ビルとビルの谷間にうずくまって

誰にも発見されずに死んでいく者のような

そんな絶望的状況にあるのです

 

 

それでも、明日はやって来ます

お昼の新幹線も予約しています

 

もう、何の為にそれに乗るのか

 

答えは誰にも分かりません

 

 

被害は最小限で、少しの軌道修正ののち

なんとか再スタートが切れる事を

祈るような気持ちで朝を待っています

 

 

では、また。