眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

そろそろぼちぼち

新しい生活も少し落ち着いて来ました

そう、新しい生活を始めています

 

生まれた町を出て、まったく縁ゆかりも

無いところで、新しい暮らしを始める

 

若い頃なら勢いとアイデアで軽々と展開出来たで

あろうことも、この歳になると立ち止まって考え

考えているうちに、何を考えていたのか分からなくなり、もやもやしたままいい知恵も浮かばずに途方にくれる、なんてことも少なくありません

 

それ故、疲れやすく悩みやすく

夜は眠れず、昼間は時が止まってしまったかと

思うほど無機質で、人の流れにも乗れず

風の勢いにも追いつけず。

 

ちっぽけな自分、なんて陳腐な表現が

妙にお似合いな、そんな時間を過ごしていた。

 

 

まだ、そこから脱却出来た訳では無いけれど

微かな手掛かりに導かれて、少しはマシに

なって来たかな?と思います

 

このブログは言わば新しい暮らしを

軌道に乗せる為の習作にして行こうと

そんな事を考えています

 

新しい服を買って、自分の身体に

馴染ませる時のように

新しい暮らしを始めるにあたって

自分なりのリズムを構築して行く装置として。

 

 

f:id:Ren_newkun38:20171009100818j:image

 

電車を乗り継いで辿り着いた横浜は

同じようにたくさんの人が居たけれど

どことなく、緩やかなボサノバ風な

リズムを感じました

 

 

では、また。