眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

路地ロジック

路地がいい

 

新しい生活が始まってから

大きく変化したことの一つ

 

よく歩くようになった

 

今までの暮らしの中では、歩くことが

割と少なく、目的地のまさに目的の場所

(お店など)の真ん前まで乗り物を使って

移動する、ということが当たり前の日常だった

 

地方は都会ほど公共交通機関が発達しておらず

車が無いとたちまち暮らしが立ち行かなくなる

「ちょっと電車で行って…」

と言っても、ちょっと電車の駅までがとても遠い

まず、そこまで車を使わなければ電車には乗れない

 

でも、電車の駅まで車で行くのなら

そのまま目的地まで車で行けばいいじゃないか

大多数の人がそう思うわけで

態々、駐車場探して車を停めて、電車に揺られて

なんて事はしない

 

それどころか目的地の入り口に少しでも、

僅かでも近い場所に車を停めたがる

 

駐車場を備えたスーパーマーケット。

 

白線で駐車スペースが記されてあり

誰もがそのルールに従って白い囲いの中に

自分の車を停める

 

そんな当たり前の風景は、うちの田舎にはない

 白線は無視 少しでも店の入り口に近い場所に

車は停まっています

車が通る為の通路にも車が停まっていて、駐車場内

違法駐車が横行している

 

割とそんな極端な例が珍しくない風景

 

 そんな街に暮らしていたから、なのか

元からぐーたらなのかは諸説あるんだけど

とにかく、こっちに来てから僕はよく歩くように

なりました

歩くこと自体はそんなに嫌いじゃないので

街の風景を眺めながら歩くのは、ひとつの

レクリエーションとなります

 

 

 

街歩きをしていて、僕が気になるのは

アロエです

 

f:id:Ren_newkun38:20171014194130j:image

 

色んなお宅の玄関先に植えられているアロエ

アロエの生命力ってすごいなぁとまず思います

小さな鉢植えから何倍もの枝葉を伸ばして

さらに更に増殖していくアロエ

 

それにしても、どこもよくアロエを植えてますね

アロエは万能薬だというおばあちゃんの

知恵袋的な理由からなのでしょうかね

 

アロエは写真写りが良いので好きです

どんな風に写しても、どんな風に切り取っても

イケメンに写るのがアロエです

アロエってなんだか男性っぽいんですよ

僕だけかも知れないけど。

 

 

そんな路地歩きが楽しみなここ最近の

れんにゅうくん

 

f:id:Ren_newkun38:20171014201152j:image

このスッキリとして無駄のない直線とか

 

f:id:Ren_newkun38:20171014201243j:image

逆にこの先に何かあると思わせる

ワクワク感が堪らない路地

 

f:id:Ren_newkun38:20171014201344j:image 

夕陽に染まる日常

 

路地のひとつひとつに暮らしがあって

物語がある。なんて考えながら歩いていると

まるで自分が映画の中の登場人物になったかの

ような不思議な気持ちになります

 

まだまだ、街歩きに慣れてなくて

写真を撮るタイミングを逃してばかりだけど

これからも素敵な路地を探して

彷徨う楽しみを続けていきたいなと思う

 

 

では、また