眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

寂し銀座と酒まんじゅう

銀座に出かけて来ました

銀座。

 

恋する銀座

二人の銀座

雨の銀座

歌にもたくさん歌われている花の銀座

今も昔も、華やかな日本の富を象徴する街

 

そんな銀座、

ではなく、今回訪ねたのはここ

 

f:id:Ren_newkun38:20171017233807j:image

 

荻窪銀座

 

訪れた時はちょうど雨上がりで

路面はしっとり濡れそぼっていましたが

銀座感が少し足りなかったので

少し色をいじって濃いめに調整してみましたけど

どうでしょう

 

どうでしょうって言っても

どうしようもないですよね、これじゃ

 

でも、全国各地に色々な銀座があります

そんな各地の銀座を訪ね歩くのも

楽しみの一つです

でも、◯◯銀座というのは正式な地名では

無いので、地図にも載ってない事がほとんど。

ガイドブックでもあまり確認できません

なので、偶然と当てずっぽうで銀座に辿り着くと

寂しい感じの銀座だったとしても、僕の心は

妙に高揚してしまうのです

 

 北海道は旭川には

旭川銀座という寂し銀座がありました

尼崎市には杭瀬銀座というアナーキーな感じの

銀座がありました

四国のどこかの町では、飲食店が10軒ほど

入っていた三階建のプレハブ廃墟になんとか銀座

って名前が書かれてあったのを見ました

 

そう、なんだか賑やかな場所には

銀座って名前をつけたくなる、そんな時期が

あったんですよね

そう考えると、この荻窪銀座もきっとかつては

華やかでウキウキな時代があったんだろうな

 だから、寂し銀座を訪れる時、往時を偲んで

じゃないけれど街が活気付いていた頃に

想いを馳せて僕の気持ちは高揚するのかも

しれません

 

 

さて、荻窪銀座に何をしに来たんだ

ってことなんだけど、とりあえずお昼ご飯を

食べたかったので洋食屋さんに向かいました

 

…また、今日もです

 

f:id:Ren_newkun38:20171018011712j:image

お休みでしたよ

 

 

がっかりして、昼ご飯どこじゃ

無くなったので、まんじゅうを買って

帰ることにしました

ここ、荻窪にはものすごく美味しい酒饅頭の

お店があるんだそうで、そんなことすっかり

忘れてたのに、突然閃いたんです

僕にしたら上出来! 怪我の功名だよ

 

 

f:id:Ren_newkun38:20171018012210j:image

 

小さな庭の設えが良いですね

寒くなって来たけどデュランタがまだ

可憐に花をつけてます

 

ここは酒まんじゅうひとすじ!

ちゃんと麹を使って発酵させた酒まんじゅう

もっちりとした食感の薄皮の中には

芳醇な香りの漉し餡が入ってます

皮の薄さとモチモチ感と、餡の甘さと量が

黄金比ですね

皮ばかりの蒸しパンみたいな酒まんじゅうとは

全く別物です

こんな酒まんじゅう食べたことないや!

一個の大きさは缶コーヒーくらいの直径

1cm足らずの厚み。小さくて一口でパクっと

食べられるけど、皮の食感と餡のハーモニーを

味わいつつ大事に食べました

 

大事に食べたんだけど、美味し過ぎて

あっという間に3個。うーん、あと一つ

えーっと、今日は特別にあと一つ!

 

5つも食べたのに胃にもたれることも無く

すーっと消えていくような感じです

 

いやぁ、本当に美味しい

 

餡の苦手な人(どちらかと言えば僕も)でも

食べられるんじゃないかな

酒粕で作った酒まんじゅうのような強めな

酒の香りはしません

スッキリとしてフルーティな日本酒の香りが

ほんのりする

 

上品でとても感じの良い女性が

応対してくれました

自然な笑顔にこちらも自然とニコニコ

しちゃいます

だってこんな美味しいお饅頭買えたんだから

そりゃニコニコしますよ

 

あー美味しかった

 

f:id:Ren_newkun38:20171018095235j:image

 

 そう言えば、立ち食い焼肉という

斬新なお店を見かけました

立ち食いステーキ屋さんもあるので

立ち食い焼肉もあっても良いじゃない

今度行ってみよう

 

 

では、また