眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

麗らかな秋の日、元うら若き男、浦和にて

こんな感じで毎日ほっつき歩いて遊んでる風の

れんにゅうくんですが

まあ、昨日は土曜日

誘われて、お酒飲みに出てました

 

今日出掛けた街は埼玉県さいたま市

さいたま新都心ってすんごい名前がついてる

ところに向かいました

 

f:id:Ren_newkun38:20171029004056j:image

 

本当は紅葉とか行きたいと思ってるんですが

あいにく、台風来てますしですし。

最寄駅までの道にハナミズキが色づいていました

赤い実をつけてなんとも可愛らしい

ハナミズキヤマボウシはよく似た樹木で

実際、別名はアメリカヤマボウシと言って

同じ種の樹木ではあるらしい

 

で、ヤマボウシの実って言うのは熟すと

食べられるんだけど、ハナミズキの実は全く

食べられません

実の形も違うし、大きさも違うし、間違って

食べることは無いと思うんだけど、別名からすると

同じものだと思って食べちゃう人もいるみたいだ

 

苦くて不味いです

間違って食べちゃった人が言うんだから

間違いないですよ!

 

 

で、着いたところが

f:id:Ren_newkun38:20171029010356j:image

 

埼玉が平仮名なのもアレだけど

新都心ってなんだよ?

都じゃない、ここは県だよね?

 

さいたま新都心って聞くといつも東京ドイツ村

思い出すなぁ

こうして文字にされたモノを見てもなーんか

ドラマに出てくる架空の街みたいな感じがする

第3新東京市とかね

 

まあ、他所ものが文句言ってんじゃねーよ!

って言われそうですが。

 

この駅に直結して、コクーンシティという

ショッピングモール群があります

新都心コクーンシティってもうどこの国なのか

もはや分からない…とか言っちゃダメだ

 

えと、表側(?)はご覧の通り大都会

 

f:id:Ren_newkun38:20171029120933j:image

 

新しい未来都市っぽいです

 

裏側(?)はわりあい地味かな

 

f:id:Ren_newkun38:20171029121115j:image

 

真ん中の木より高い建物はこの向こうには

見当たりません

 

なんだか原野にいきなり街が出現したような

錯覚を覚えます 

えっと、でもコクーンってのは繭の事だから

もしかしたらこの街は昔は紡績工場とかあって

大きな工場跡地に出来た新しい街なのかも知れない

 

と思いながら、そのコクーンシティ 内を探索して

みました

 

こう言うモールに入るショップってなんでこう

同じものばかりなんだろう? と思いましたが

建物内のレイアウトが直線的で無いので、イオン 系

とかのモールより周り易い!

他ではあまり見ないお店もあったりして、案外

楽しめました

今日は買い物はしないと決めてるので、見るだけ

ですが、欲しいものが幾つかあったので

また来ようと、思ったんだけど

今考えるとなんだったっけな?    あれ?

 

AWESOME STOREという低価格雑貨店で

よく買うフードクリップをまた買いました

袋の口を閉じて湿らせないようにするヤツです

 

f:id:Ren_newkun38:20171029013658j:image

これで98円とかなんだけど、色がいい感じだし

安いしで、重宝するので買いだめしとく

 

f:id:Ren_newkun38:20171029114433j:image

 

 このスポンジも自分的にはとても使いやすくて

好きですね

洗い終わったら、マグネットクリップでシンクの

ふちにぶら下げて水切りしてます

 

 

 

途中でトイレに行く時、壁にコクーンシティ

歴史がパネル展示されてました

想像通りここは大規模な紡績工場跡地だった

あの、世界遺産になった富岡製糸場のオーナー

だった片倉工業の工場跡地で、現在も片倉工業

施設の管理など行ってるんだそうです

 

なるほどねえ!

 

wikiを読んでて印象的だったのは

大正の頃、工場内に植えられている樹木の美しさが

評判で皇族や海外からの視察客がよく来ていた

というところ。

さっきの写真に写ってたこの大きな木

f:id:Ren_newkun38:20171029120621j:image

15メートル以上あるかと思われるこの大木は

もしかしたら当時からここに育っていた木なのかも

知れないですね

 こんな風に土地の歴史を感じさせるものが保存

されてると安心します

都市が新しく再生され続ける事は当然あるべき

形だと思うけれど、跡形も無くなってしまうのは

どこか残念な気もするので、歴史を継承しつつ

生まれ変われるって、素敵だなと思う

 

 

 さて、そろそろ南浦和に移動です

南浦和にての目的は2つ有ります

 

1つ目はそう!ここです

 

f:id:Ren_newkun38:20171029134951j:image

埼玉といえば、十万石饅頭と、彩果の宝石!

僕は彩果の宝石が大好きなのですが

いつもはお土産として貰ったり、通販で購入

してまして、店舗に来るのは初めてでした

 

本物の国産果汁で作られたゼリー菓子は

風味豊かで、味わい濃厚!今までのゼリー菓子の

概念を超えます

見た目も綺麗だしね

で、今回は冬季限定発売の『ときめきはんなりショコラ』

というのを買いに行ったんです

簡単に言えばゼリーにチョコレートがコーティング

されてる訳ですが、ゼリーの柔らかさと、チョコの

滑らかさ、ラ・フランスクランベリー、あんず、いちご、レモン、カシス、グレープフルーといった

チョコに合いそうなフルーツ厳選のお菓子!

 

めちゃくちゃ美味いです

美味いって事を上手く伝えられないもどかしさ

 

f:id:Ren_newkun38:20171029135948j:image

甘いんじゃ無いの? って思われますけど

これは洋酒に合いますね

ほろ苦さと甘酸っぱさがミックスされて

堪らないです

 

 

お店の人に大ファンです‼︎ってことを伝えて

次の目的地に向かいます

 

f:id:Ren_newkun38:20171029140353j:image

 

雨の南浦和駅前。こじんまりとしてます

 

この駅すぐ近くにあるのが

『三代目 とも』 

 若い兄弟がやってる居酒屋ですが、その若さに

似合わず料理の腕は素晴らしいです

魚介の扱いが秀逸で、細かな気配りが随所に感じ

られるのに、安いんですよ

f:id:Ren_newkun38:20171029140902j:image

 

こんな感じ小さなお店なんですけど

 

f:id:Ren_newkun38:20171029140938j:image

 この宝石みたいなお造り! 彩果の宝石に続いて

お刺身の宝石!目も舌もお腹も肥えます

イカに施された包丁や、鯛の昆布締めの下には

ちゃんと昆布が敷かれてあったり。

 

f:id:Ren_newkun38:20171029141245j:image

これはハマグリの味噌焼き

身を刻んで味噌で焼いて海苔を巻いて食べます

炊きたてご飯にのせて食べたくなるな!と

思ったんで、後からおむすび頼んでみたら

本当に炊きたてのご飯にしてくれました!

 

とまとのおでんとか、イカゲソとか、厚揚げとか

飾り気のない素朴な素材を、ご馳走に変えて

出してくれるんですよ

お酒がすすむうち、写真を撮ることをすっかり

忘れてしまったので、あとは心の中に。

 

でも、本当若い兄弟が一生懸命に丁寧な仕事をして

るのが伝わって来て、もちろん何を食べても

美味しいので、感動しながらのほろ酔いでした

 

では、またです