眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

どんより異世界

お昼ーーをちょっと過ぎてたけど

何か食べようと思って、でもそんなに

お腹空いてないし、と思ったらマクドナルドが

目に付いたので入りました

 

ハンバーガーはフレッシュネスバーガー

一番好きです

f:id:Ren_newkun38:20171030220040j:image

が、割と近辺には見当たらないので

たまーにしか食べません

 

マクドナルドは、そんなに好きじゃないです

でもまあ、今日はマクドナルドです

凄い人が並んでる! なんだか分かんないけど

大混雑です

こんなに混んでるのに、レジは1個しかやってなくて

割と手際が悪いみたいだ

ありゃ〜、大変な時に来ちゃったな

 

暇なので店内を見回すと、お客さんの殆どは

高齢者と見受けられる年配の方たち

高齢化社会だとはいえ、昼間のマクドナルドに

こんなにお年寄りが集まってるとは

思わなかったぜ!

 

よく見たら店員さんも!

高齢者ほどでは無いにせよ、松居一代さんくらい

の年代にみえる

 

なんか一瞬すごーく怖くなった

この世から若者や子供たちが全く居なくなって

しまった世界に紛れ込んだかと思わせるほど

キャストが揃い過ぎてて、怖い

 

なんだか、待って並んでまで食べたい欲も

起きなかったので、なにも買わずに店を出る

出たところには、インド人。

インド人が二人で何か話している

音楽が鳴り始め、二人のインド人が踊り始め

すると街のあちこちから、おびただしい数の

インド人が現れて、一糸乱れず踊りに興じ…

たりはしないけど。

 

ヤバい、この街

 

いや、ヤバいのは僕だわ

 

f:id:Ren_newkun38:20171030225242j:image

 

こんな時は路地裏に逃げ込むべし

 

と言うか今日は一枚も写真撮ってない

風が凄かったもん

いつものようにちょっとした発見とかする

余裕なんてありゃしないですよ

 

なので、以前に撮ってた写真から

気に入ったものを少し。

この路地はそもそもは真っ直ぐな道だったのに

家々に植えられている植物が次第に成長してきて

ちょっと謎めいた不安定さを演出してるところが

なんともいい感じ。

奥にある家がホラー映画風な物語性を生み出してます

 

f:id:Ren_newkun38:20171030233035j:image

 これは日暮里あたりを歩いてたら向こうの方で

お祭りやってたんです

いきなり下に何も履いてないおじさんが歩いてた

ので危ない人かと思いました

締込み履いてたんですけどね

一瞬、法被の下がノーパンに見えたんで、びっくり!

日常のベージュ色に、祭りの赤い色味が加わると

非日常になるとこが良いです

 

f:id:Ren_newkun38:20171030234235j:image

 

路地ではないです、これは。

 

ずっと僕の心はこんな感じでした

晴れそうで晴れない

晴れて来てもすぐ曇ってしまう

周りの景色は目に入らない

見ようと目を凝らすけど、暗転していて

その姿を捉えられない

一見暖かそうに見えて、風は冷たく

でも、何かを掴めそうな気はしているのです

もうすぐ、手が届きそうな気はする

それは予感かもしれないし

それは願望なのかもしれない

 

でもこんな空が僕は嫌いじゃない

逆に好きかも。いや、すごく好き!

ということで、これからもどんよりと

しながら生きるのです

 

では、また