眠れない夜の為に-チープな午後3時-

眠りに落ちるまでのほんの僅かな時の、友として

こっち見んな!

シン・ゴジラを放送していた

なに?シン・ゴジラって?

と思ったけど、そう言えば公開時相方と

映画館に観に行ったのだった

 

ゴジラ映画は多分生まれて初めて映画館で

観た映画のはず

両親に連れられて小さな町にあった小さな

映画館に観に行った

内容は覚えていない

シリーズのどれを観たのかも、分かんない

メカゴジラより、前のゴジラ映画だった

 

内容を覚えていない

映画を上映しているシーンも記憶にない

暗い中椅子に座って観ていたことは

薄ぼんやりと覚えているけど

それよりも、後ろの席のおじさんの顔が

面白くてずっと見て笑ってた

らしい。

 

失礼極まりない子供だ

 

確か薄毛のおじさんだったのだ

 

自分の親戚一族に薄毛の人が一人もいない為

すごく珍しくて、テレビのコント番組に出てる

人がこんなところに座ってる!

って激ウケしてたんだと思う

ゲラゲラと指差して笑ってた

らしい。

 

超失礼なガキだ

 

今思い出しても嫌になる

 覚えて無いけれど。

 

 

うちの両親も何度も怒ったらしい、が

なにせ映画上映中なので大きな声が出せず

最終的に映画を途中で切り上げて、僕は外に

強制連行され、めちゃくちゃ怒られたらしい

 

全然、覚えてない

 

 

まあ、そんなことはどうでも良かった

 

よくない! あの時のおじさん、ごめんなさい

…御存命の可能性は低いけど。

 

 

 

そんなわけで僕の映画との出会いはゴジラでした

その時の事は覚えていないけれど

その後もゴジラ映画は何度か映画館で観たんだ

親が映画館をやってる友達がいて、リバイバル上映

される安い映画を更にタダで観させて貰って

いたから。

 

うーん、内容は覚えてるような

覚えて無いような、ざっくりとした印象だけが

残ってる

面白かったのは確かだ

なんかすごい! というのと、怖いって思いが

交錯してた気がする

 

ウルトラマン仮面ライダーとはひと味違う

ゴジラ映画は大人の味つけがされているように

感じていたと思う

 

得体の知れない不気味さ

 

シン・ゴジラを観た時

その得体の知れなさがちっとも感じられない

と、思った

幼生形態のゴジラが出て来た時

ああ、日本の映画は予算が少ないから

こんなハリボテのちゃっちーゴジラしか

作れなかったのか

 

へ?

 

思わず声を出して、口をあんぐりした

 

昔のNHKの人形劇に出てくる

目のクリクリっとした人形を思わせる

動きもピアノ線でゆらゆら吊られてるみたいな

変な動きだし

 

 

なんやねん、これ

 

 

結果的に早とちりだったけれど、でも

あそこであのハリボテゴジラを観たことで

その後も(なんだこれ?)って思いを抱きながら

観続けることになる

 

真面目なのか不真面目なのか分からない

政治家関連の俳優たちの演技

不気味なテンション、目が笑わない高橋一生

常にカメラ目線で喋る長谷川博巳

笑かしにかかってるとしか思えない石原さとみ

蓮舫なのか小池百合子のつもりか

ピカソの絵画みたいな事になってる余貴美子

ウォーリーを探せみたいにエキストラ的な

出演をするその他の有名人

 

全員で大学病院のドラマやったら

そこそこ良い視聴率が取れそうな感じのキャスティングだと思う

 

 

コメディならオチがある

でも、オチは無かった

 

エヴァQですら、槍を抜くことをやり抜く!

というオチがあったのに…

 

シリアスなパニック映画でも

ヒューマン物語でも無い

特攻精神で身を犠牲にして突っ込んでって

日本を救ったりするヤツも出てこない

 

 

何がしたかったのか

さっぱり分からない映画だった

 

最後に凍った?ゴジラの尻尾が

たくさんの人間が寄り集まったように

見えるとこで終わる

 

あー、これだよ

これだわ

またこんな感じだよ

はいはい、だから何?と言いたくなる

何だかよく分からないものを所々に配置して

解釈は観た人に委ねる的なやつ

 

結局、この監督の人はアイデアは素晴らしい

のかも知れないけれど、物語として

ちゃんとまとめて終わらせるという事が

一生出来ない人なのだ

きちんとした自分なりの決着を付けることが

怖いのだろうか?

 

 エヴァと同じ音楽が使われてるんだ

相方がそう教えてくれる

までもない。それくらい聴いたら分かる

そもそも、元々はゴジラに使われてた曲じゃん

 

というか、だからなに?

そこに共通性を見つけて喜ぶ映画なの?

石原さとみはアスカの実写なわけ?

そういう内輪ウケしたい作品なの?

 

 

なんて、映画通でもなく

ゴジラオタクでも何でもない僕が

そんな偉そうな事を言うな!ともう一人の

自分が横でずっと怒鳴ってる

 

だけど、そんな一般人としての

感想としてはこんな感じです

映画館で終わった直後に

 

「なんか全然つまんなかったね!」

 

って大きな声で言ってしまって

周りの人達の冷たい視線感じたんですけど。

まぁ、すごく好きな人も多い作品なので

お前には良さはわかんねーよ!

ってことなんだと思いますけどね

 

テレビで放送していたシン・ゴジラ

一応録画しているので、もう一度は

ちゃんと観て見ようとは思います

 

 

と、前置きが冗長になりましたが

今日の写真はこれです

 

f:id:Ren_newkun38:20171113121327j:image

 

東上野を歩いている時に、ふと視線を感じて

辺りを見回すと暗闇の中から

二つの赤い目がこちらを窺っていました

ゾーっとした瞬間です

丁度、車通りも無く、通行人もいなくて

この場所には僕だけでした

今にもあの暗闇の奥から赤い目の本体が

飛び出して来そうで身動きできない

 

グォォォオ…

低い唸り声がコンクリートに反響して

ヤツが怒ってる

 

 

今、頭から飛びかかられて喰われてしまっても

誰も僕がここに居た事を知らないわけで

そうなると捜索に手間暇とお金が掛かるかも

知れないわけで

いや、事件性があるかも分かんないのに

捜索はされないかも知れないわけで

でも、心配はかけちゃうわけで…

 

何か証拠を残しておこうと、シャッターを

押したんだ

 

父さん。

日常に潜む恐怖です

 

 

では、また