眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

憂いのクッキング

昨日嫌々(笑)皮を剥いてザクザク刻んだ

リンゴですが。

 

小ぶりのリンゴを沢山貰ったのです

 

f:id:Ren_newkun38:20171117223741j:image

 

うわ!美味しそう〜って思うんだけど

リンゴってそれだけでお腹張っちゃうから

沢山食べられないし、案外困るよね

この前外国人がオーブンで焼いてオリーブオイル

とペッパーかけて食べてたな

あれも一度チャレンジしてみたい

 

でも、今回はアップルパイを作るつもり

 

ホールのアップルパイを作っても余るので

長方形の小さなヤツを作りたい

なのでかなり細かく刻んだ

ザクザク刻むのはなんだか良い気分になる

 

f:id:Ren_newkun38:20171117225705j:image

 

刻んだら鍋に放り込んで、グラニュー糖と

レモン汁を加えて、トロ火でゆーっくりと

煮ていきますよ

リンゴが甘かったのでグラニュー糖は控えめ

レモン汁は気持ち多めでサッパリ感を

出したいんだけど、どうなるかな

シナモンを買い忘れたので、せめて生姜でも

入れてアップルジンジャーにしようと思ったけど

生姜も食べちゃってたので、このままで。

 

こういうのって、作ってる時が一番好きだ

出来たものを食べるのはそんなに好きじゃない

食べることは好きだけれど

自分が作ったものを食べるのは、特に嬉しくない

 

自分が作ったものを口にすると

自分にダメ出しばっかしちゃって基本美味しいと

思って食べる事が出来ないのだ

人が作ってくれたモノが何倍も美味しい

たとえ、美味しくなくても人が作ったものだから

諦めがつく

でも、自分が作ったものを他人に食べて貰うなら

ちゃんとしたものじゃないと嫌だと思う

豪華でなくても基本的なツボは押さえて

出来たら多少のアレンジも加えて、どこに出しても

恥ずかしくないようなモノを食べて貰いたい

 

昔はそういうのが得意だった

どこかへ美味しいものを食べに行く

食べながらこれは何の調味料使ってるのかな?

スパイスは何だろう?

なんて事を語り合う友達が居たので、よく出掛けた

 

そして帰って来て、同じものを作る

友達は一緒に食べに出かけて批評はするけれど

料理は一切しない人なので、僕が調理担当

友達は正解にどれだけ近いかを品評する人だったな

それで上手く出来たら他の友人達を呼んで

パーティーを開く(普通の夕飯だけど)

ああ、あの頃はそんな毎日だったな

 

今の自分とは、別人のようだ

 

吉本ばなな原作で川原亜矢子が主演の

キッチンという映画が好きだった

あの映画、賛否あるだろうけど僕はとても

好きな映画なのだ

川原亜矢子の棒読み演技も含めて。

美味しいものを美味しそうに食べるシーン

冷たい水を美味しそうに飲むシーン

豪華なキッチン

 

精神的に疲れると無性にあの映画が

観たくなる

 

疲れてるのかな?

 

f:id:Ren_newkun38:20171118000400j:image

 

リンゴちゃんはこんな風に飴色になったので

これはここまで。焼くのは土曜の夜ですな

本当はこのままスプーンで掬ってすぐに

口に運んでしまいたいんだけどねぇ

 

 

さて、夕飯はムール貝を買ったので

パエリアにしました

せっかくムール貝買ったのに、白ワインを

切らすという絶望の淵からかろうじて

生還し、とりあえずなんちゃってパエリアを

完成させました

 

f:id:Ren_newkun38:20171118000804j:image

 

パエリアかどうかも分からないw

ムール貝が多すぎなんだ!

かと言って二枚貝をそんなに日保ちさせられる

術を僕は知らないので、全部入れてみました

 

やっぱり、味わうよりも

反省点が先にたってしまう

味は悪くないとは思うんですけどね

なんでも適量ってもんですよ

昔みたいに周りにたくさんの人が

いるのならこんだけの量買っても大丈夫

なんだけど、今は誰も居ないからね

こういうパーティー料理みたいなのは

やっちゃダメなんだ

 

ってところも、反省点だな

 

そう言えば、関係ないけど

ジャンバラヤという謎の食べ物があるな

昔、サイゼリヤにあった気がする

ジャンバラヤってなんだろ?

 

今度までの宿題にしとこ!

さて、明日はお仕事なので

眠るとします

 

では、また