眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

日暮里再訪における3つの罠

今宵の枕

最初に【みちょぱ】を見た時は、「なんだよ、このパチもんみたいなやつ」って思った

誰のパチもんかは分かんない。総合的な意味での

キング・オブ・パチもん

ベスト・オブ・パクリ

本当にパクられたのは昔の彼氏だったらしいけどw

 

でも、最近【みちょぱ】が出てると何となくいい。

まだ、17くらいらしいけど、この酸いも甘いも噛み分けた感がいい。

一番最近覚えた(顔と名前が一致する)芸能人が【みちょぱ】だ

でも、どうやらこの世には【えりちょぱ】というのも存在するらしい

【ちょぱ】って何だよ?

 

 

今日は街歩きです

【れんちょぱ】くんです

 

今日は再び日暮里に用があったので、この記事にあったお店に

行ってきました

 

たけちゃんの「たけちゃんのあんなことこんなこと」

食レポ 日暮里 二葉屋 スイーツとラーメンのセットがお得 - たけちゃんのあんなことこんなこと

おお!まさに今日日暮里に向かう予定の僕の為にある記事ですwww 繊維街、あっさりラーメン、あんみつ キーワードが向かえ!とお腹に指示して下さっておりますね、行ってきます!

2017/12/13 09:01

 なんだか他人のふんどしで相撲を取るようで

少し気が引けるのですが…

 

さて、無事に辿り着けますかな

 

JR日暮里駅は案外魔窟(第一のトラップ)

という不安はホームに降りてすぐに発動

前回来た時は何の迷いもなくするすると駅から出ることが出来たのに

今回は人の波につられて一緒に階段を上がって進んだ先は別のホーム

 

あれ?

 

今度は人の波に逆らって元のホームに戻る

戻るしか道がなかったからね

途中の壁に「この通路には出口はありません」的な文章が

書かれてあった

マジか!

どうも降りた場所が致命的に悪かったみたいで、元のホームを

ずうううううっと先まで歩いてると、南出口、北出口の表示が

見えてきた

あれ?僕は東出口に出たいんだけどなぁ

歩きながら両側の景色を見るとどうも右側の方に行くべきな気がする

上に上がって、右に進んで

あ!ここだ

見覚えのある改札口を見つけたので、ホッとする

そう言えば、クマ、イヌのぬいぐるみまだ出来てないや

クリスマス終わっちゃうじゃん

頑張ろう

 

ここからが街歩き 

さて、二度目ともなると勝手知ったる日暮里なわけで

めぼしい生地屋さんを順番に見ていく

時々激安衣料品店なんかものぞいてみて、何かリメイクに

使えるものはないかもチェックしてみました

ファッション界の激安王 ヘイワ堂・POP GIRL・レモン オフィシャルサイト

メンズ物は少なかったけど、名前の通り激安でした

気に入ったパンツがあったんだけど、サイズが在庫無くて残念

980円だったかな、なにこの値段w

5800円くらいで売ってそうなのに

 

地獄の三丁目で出会ったようなばあさん(第二のトラップ)

ある生地屋さんの前を通り過ぎる時、「こんにちは」

という声が聞こえたんだけど、振り返っても人がいない

変だなぁ、と思いながらそのお店の並びに置いてある商品を

見てると僕が欲しかった生地が3mで1500円だったので

こりゃ買わなきゃ!と思い手に取ってお店に入ろうとして

気が付いた

店の入口に低い椅子が置いてあって、ばあさんが座っていたんだ

通り過ぎる人みんなに「こんにちはー」って言ってた

ばあさんに

 

これは中でお金払ったらいい?

 

って訊いてみた

するとばあさんは

「それ、うちのじゃない」

え?ここにあったよ?

「それ、隣のイラン人の。うちのじゃない」

ええ~? 隣っていっても隣はお店の入り口は閉まってて

みるからにばあさんのお店と一体化してるのにな…

本当に違うの?

 

「・・・・・・」

 

ばあさん、ボケてる?

 

「どして、それが欲しいんだ?」

千と千尋のおばあさんみたいにちょっと怖い感じで

訊いてくる

 

え? ああ、この生地が欲しいんだけどあまり見かけなくて

やっと見つけたと思ったんだけど・・・

 

ばあさんは、しばらく無言で考えて

「それならトマトさんに行きな、トマトさんならあるよ」

ありがたいお告げみたいにばあさんが呟く

 

トマトさん? どこだよそれ?

と思ったらすぐそこに看板を見つけられた

 

あそこ?

 

「そう、あすこいって、こいうの欲しいんだって

ちゃんと言わなきゃだめだよ」

ばあさんは、親切にそう教えてくれた(たぶん、親切心だと)

ありがとう!ばあさん、ボケてると疑ってごめん

でもね、トマトさんに目的の生地は無かったよ

そう言えばばあさんのお店で何も買わなくてごめんよ

また来るね

 

賽の河原で出会ったじいさん(第三のトラップ)

そう言えば、ラーメン屋さんはまだかな

通り過ぎちゃったかな?

ちょっと不安になる

と、道の向こう側に白杖を持ったじいさんが

フラフラしながら歩いてきて、信号のとこで一歩、車道に

降りるのが見えた

ハッ!としたのは結構、車が走っていたからだ

じいさんはそれ以上動くことは無かったけれど、しきりに

手を上げて助けを求めているようにみえる

すぐにでも行ってあげたいんだけど、ちょうど信号も赤だし

車も途切れなく走ってる

 

動くなよ!じいさん

 

でも、信号がことのほか長い

イライラして待つ時ってなんでこんなに時間が過ぎるのが遅いんだ

やっと信号が変わったら、僕の隣にいた女の人と僕がじいさんのところに駆けつけるのが同時だった

 

「なにかお困りですか?」

「どしたんだ?じいちゃん」

 

「俺、車呼んだからここで待ってんだよ!」

 

ああ、そうなのか・・

ちょっと安心、一安心

 

 

ホッとしたらいよいよお腹が空いてきた

ちょっと確認しよう

と思ったら目の前にお店はありました

ありがとう、じいさん

 

辿り着いた噂のお店 

麺処 二葉屋

f:id:Ren_newkun38:20171213230654j:image

思っていたよりラーメン屋さんっぽくないです

じいさんのことが無かったら、まだそのまま歩き進んでいたはずで

きっと辿り着けなかっただろう

 

f:id:Ren_newkun38:20171213230711j:image

席に着くと店員さんが本日のおすすめを説明してくれようと

したのだけれど、僕はもう「醤油ラーメンとみつ豆のセット、アイスコーヒーで!」と決めていたので二人が喋るのが同時になってしまった

でも、一応おすすめは何か訊いてみたら、僕が注文しようとしたものと同じだったので、もちろんそれ下さい! ってことに。

 

f:id:Ren_newkun38:20171213230727j:image

ラーメンは御覧通り

彩を添えるナルトやほうれん草がスープの色をより鮮明に

していて、おいしそう!の言葉が自然にでます

たけちゃんさんの記事通りあっさりなのですが、しっかりとした

出汁の香りがします カツオと昆布の香りがします

それがねぇ、おいしんだ

決して和風とかじゃなくて、つけ麺みたいに魚粉の悪く言えば雑味

見たいのもなくて、ラーメンにぴったりの美味しいお出汁

ラーメンのスープであり、お吸い物であり、食後のお茶みたいでした

 

 f:id:Ren_newkun38:20171213230742j:image

そして、お待ちかねの「みつ豆」です

あんみつにしなかったのは、ラーメンでお腹いっぱいになったら

ちょっと重くなるかなぁと予測したからですね

ああ美味しい。寒天がちょうどの硬さでぷりぷりしてます

真ん中の大きいオレンジの丸は、あんずです

ちょっと凍ってて、最後まで冷たく食べられるんです

干したあんずのことが多いので、生食感のあんずは嬉しいです

いや、美味しかった

 

そして、旅は続く 

お腹が落ち着いたので、まだ動けそうだな

という訳で、この後鶯谷駅方面に歩いていくことにします

 

 f:id:Ren_newkun38:20171213230757j:image

「日暮里ピアチェーレ」なんだ、なんだ?

ピアチェーレって何語だよ?

 

「ヘイ!siri!」

 調べます・・・・

ピアチェーレってイタリア語で、「はじめまして」って意味だそうです

あと、好き!とか喜びを表すときにも使うんだそうで、うんなんとなく分かった!

 

でも、このプレートが飾られている通りはイタリアの雰囲気は少しもなくて、なんだか寂しい

さらに進んでいくと、こんなプレートが登場した

プレート好きなのか、日暮里

 

 寂し銀座との遭遇

 

 f:id:Ren_newkun38:20171213230814j:image

ありました、ここに

「日暮里銀座」

御覧の通り、銀座というには悲し銀座なのですが

もしかしたら夜は違う顔を見られるのかな?

 

f:id:Ren_newkun38:20171213230854j:image 

通りの向こうには、わくわくするような老舗風コーヒー店

ああ、今はお腹いっぱいなんだよなぁ

この先はきっとこんな感じのお店が続々と登場しそうだな

何せ、鶯谷だもの。

 

 

告白すると僕の中の鶯谷知識は

笑福亭鶴光の「鶯谷ミュージックホール」しかない

f:id:Ren_newkun38:20171213234317j:plain

曲名は知っているけれど、どんな曲だったか記憶になかったので

今聴いてみたんだけど、知らないw

知らないのにタイトルだけは強烈に心に刻まれている

そんな鶯谷から先は次回のお話

 

今日は、ここまで

 

f:id:Ren_newkun38:20171213230834j:image 

ではまた、です