眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

等々力渓谷 自然の自然を全身に浴びて

良いお天気でしたね

寒かったけれど、想像というか

覚悟してたよりかは、耐えられましたw

 

【Ren-new】くんです

 

 

しっかりと防寒をして出掛けて来ました

 

本日の歩き旅は、東京都世田谷区等々力

等々力渓谷」に行って来ました!

 

 

ここは、東京23区唯一の渓谷なんだそうですね

ほほう〜、それは貴重だな

で、渓谷ってなんぞ?

 

渓谷とは、谷を流れる川の事である

 

分かったような、分からないような説明文だなぁ

この等々力渓谷を流れる川は世田谷の上の方から

流れている谷沢川という川なんだけど、上流の

土質は地下に水が染み込みにくい土質で、下流

行くに従って合流する湧き水と相まって、相当量

な水量で谷を削っていったらしく、こうした渓谷

が生まれたという事らしい

 

世田谷区は住宅街なわけだけど、ここの渓谷は

高低差が20〜30メートルはあるので宅地開発を

免れたり色々あって、奇跡的に自然豊かな状態が

現在まで保たれている場所なんだそう

とは言え、一定の水量を保つ為にわざわざ水を

引いてきて流したりとかもやってるっぽい

 

でも、そうした開発と保存とを両立させていく

考え方が素晴らしいし、そうさせたいと思わせる

自然がここには有りました!

 

ちなみに、等々力という地名はかつては

その流れる音が地域にとどろいていたから

ついた地名だという説もあるけれど、諸説あり

 

 

では、等々力渓谷に出発!

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180114221941j:image

 

と、その前に大井町線の駅前を

少しだけ見てみました

f:id:Ren_newkun38:20180114222025j:image

ヤバい

好きです、、こんな風景

でも世田谷区というイメージを軽く裏切ってますね

 

f:id:Ren_newkun38:20180114222137j:image

 

アコ。 70年代のオンナはアコですよね

アッコじゃなく、アコ。

アコを訪ねるツアーを企画したいです

 

f:id:Ren_newkun38:20180114222351j:image

 

この案内板を過ぎたら直ぐ右に折れて

住宅街に入り込むのかと思ったら

いきなり雑木林が現れて、遊歩道。

階段を降りていくと、そこはもう渓谷でした

ほんと、角を曲がると別世界でした

 

f:id:Ren_newkun38:20180114222628j:image

 

この橋はゴルフ橋という名が付いています

かつて(昭和の初期)この近くにゴルフ場が

あったらしくそこを繋ぐ橋だったようで、この名が

付いたみたいです

 

空が青くて、緑が濃くて、橋は赤いし

なんか最高です

 

ここから遊歩道が続いています

f:id:Ren_newkun38:20180114223456j:image

 

太陽が暖かくて渓谷だから気温も低いんだけど

過ごしやすい

f:id:Ren_newkun38:20180114223652j:image

 

見上げると、緑、緑、緑、緑、緑…

 

公園なら近くにもあるけれど、こんな風な

自然に存在する緑に囲まれたのは、何ヶ月振り

だろう

ここに来たのは、23区唯一の渓谷というところ

に価値があると思ったからだったけれど

来てみて分かったのは、自然にある自然の素晴らしさ

公園のように植えられて育っている自然ではなく

太古の昔から連綿と続く植物の営みが現代もまだ

なお残っていて、まだこの先も続いていく素晴らしさ

 

森林浴だなんて、わざわざ山なんて行かなくても

良いのに、都会の人はなんでも大袈裟だな

なんて思っていたけれど、今日分かりました

 

癒される〜

 

樹々の緑、風の音、腐葉土の香り、川の音

鳥の啼き声、そして、地中に蠢く虫たちの気配

 

そんな全てが僕を癒してくれます

 

スゲーぜ!等々力渓谷!!!

 

子供の頃、神社にあった滑り台をひと滑りして

そのままレールに寝転がったまま、楠の葉音を

聴きながらいつのまにか眠ってしまった時の事を

思い出しました

こういう事なんだな!

 

 

渓谷を進んで、環状8号線の下をくぐると

右手に建物が見えて来ました

白い洋館というか、マンションっぽいんだけど

建った年代は80年代かな

最近の無表情な建物ではなくて、いきいきした

表情の建物です

どうやら、そこの一階がイタリアンレストランに

なっているようで、なんだかいい香りが

するような、しないような。

 

でも、ちょうどお腹も空いて来たし!

 

 

山登りをしました

階段ですけど、30メートル上がって

レストラン「OTTO」です

 

f:id:Ren_newkun38:20180115000249j:image

 

シュロの木がいきなりの南国ムード

ここだけ見ると、海辺のリゾートっぽいですが

お店は本格的なイタリアンです

 

 

知らなかったけれど、どうやら

すごく人気店みたいです

 

 

テーブルに通されて、すぐお隣には

若い男女がやって来ました

カップルではなく、初対面っぽいフレッシュ感が

漂っています

特に、男の子。

女の子は原宿あたりに居そうな、ちょっと

コスプレっぽい格好した女の子でもしかしたら

地下アイドル? みたいでした

男の子は、ファンの人? っぽい感じでしたが

緊張を気取られないように、余裕ぶっこいてる

感じが初々しい。

 

あ、それよりお料理だ

 

ランチは三種で、1200円台、1600円台、1900円台

それぞれ、パスタかピザが選べて、サラダとドリンク

が付いています

あとは、値段によってスープやパン、前菜盛り合わせ

なんかが付いてくるみたいです

 

正直とても迷ったのだけれど

まだこれから先にも出逢うであろう

美味いものの事を考えて、1200円台のやつに

しました

注文したのは、スモークチキンとゴボウのピザ

「ポッロ」という名前です

ゴボウ大好きなもんで!

 

先にサラダが出されましたが

ドレッシングがオニオンかな?手作りの

ドレッシングでとても美味い

いま野菜が高いからありがたく頂きます

f:id:Ren_newkun38:20180115003155j:image

 

ピザの焼き上がりを今か今かと待ち構えている

間、聞くともなく隣の2人の話に耳を傾けて

いました

だって、テーブルの間が40センチくらいしか

空いてなくて、聞きたくなくても耳に入って

来るんだもん

 

どうやら、2人の関係は

コスプレイヤーアイドルと、カメラマン

(もしくはカメラ小僧?)

等々力渓谷での撮影の為にここに来て

これから写真を撮る

のではないか? と思われました

なるほどねぇ

二人とも箸が転んでもおかしい年頃なのか

何でもない事で笑い転げています

微笑まし過ぎて、ウザいですねw

 

嘘です

 

森林浴で癒されたぼくです

二人の温かさに更に癒されて…

 

 

あ!

ピザ来ました!

 

f:id:Ren_newkun38:20180115004805j:image

 

カスタードクリームとマシュマロとチョコソース!

 

ではなくて、ゴボウとスモークチキンとチーズ

 

フワッとゴボウの香りがして

モチモチで濃厚なチーズ、そして黒いのは

バルサミコ酢なんですね

その全てが絶妙なさじ加減で、美味いのなんの

ピザ生地は薄めなんですが、チーズがピザ生地より

厚めに盛られてて、シンプルなんだけど

ずっしりとした本当、美味しいピザでした

 

f:id:Ren_newkun38:20180115005208j:image

 

 さて、ピザも食べたので、この後は

等々力不動尊に寄ってみます

f:id:Ren_newkun38:20180115005312j:image

 

先日思いついたご朱印帳を

早速手に入れたので

 

f:id:Ren_newkun38:20180115072153j:image

 

参拝をして、ご朱印をいただく事にしました

渓谷側から登っていくと、不動明王の祀られている

滝があったり、茶店があったりこれまた良い雰囲気

でしたが、境内はとても立派でした

 f:id:Ren_newkun38:20180115074516j:image

 

と言って、参拝やら境内の景色を眺める事に

夢中になっていて、まともな写真がありませんw

 

頂いたご朱印

 

f:id:Ren_newkun38:20180115074637j:image

 

めちゃめちゃカッコいい!!!

カッコよさを称えるものではないけれど

迫力があって、身も引き締まる思いです

初めて貰いましたが、嬉しいものです

 

 

今回は、自然の力の素晴らしさを実感したり

ご朱印の持つ不思議なパワーを感じたり

うまいピザに舌鼓を打ったりの

身も心も、満腹な歩き旅になりました

 

 

では、またです