眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

御朱印をめぐる冒険 日比谷神社と、浅草町歩き の巻

長々とある日の一日、御朱印集めに回った

時のことを続けて書いてますが、そもそも僕は

出掛けて行った先に良い感じの神社があれば

ちょっとついでに寄ってみようかな?

くらいの物凄く軽い動機、軽い行動イメージ

なんですけど、何故だか一緒に行動してる

相棒がやたら乗り気なんですよね

 

この人、なんでも集めるのが好きな方なので

すぐ夢中になって集め始めてしまうとこが

あります

『集めることがメイン』

になってしまった町歩きでした

 

 

この後、ついに相棒はご朱印帳を購入して

本格的参入となってしまい、レンタカーを借りて

回る事になるのですが、それはまたいずれ。

 

今回は、この日最後の参拝となった

日比谷神社のことと、神社とは離れて

ぶらり町歩きの二本でお届けします

 

 

 

えと、新橋駅すぐの烏森神社から

あと一つ、どこか無いの?

って聞かれて見つけたのは「日比谷神社」です

歩いて10分くらいだったかなぁ

 

環ニ通り、第一京浜直下にあります

日テレの斜め向かいですね

 

って、こんなところに神社が??

って思います

それも、新橋なのに日比谷神社とは

これいかに?

って感じですよね

 

元々は現在の日比谷公園内にあったそうですが

江戸城の拡張に当たり、東新橋に移されて

その後東海道線の敷設に当たって、新橋4丁目に

移ったそうです。ところがその境内地全域が計画道路の予定地になっちゃって、2009年に今の場所に

移って来たんだって。

 

なんとも、不運な神社ですね

そして、よくこんな土地が空いてたな!

 

では、その日比谷神社をご覧下さい

 

f:id:Ren_newkun38:20180130160051j:image

 

ちょっと面白いアプリ見つけたので

アニメ風にしてみました

 

f:id:Ren_newkun38:20180130160130j:image 

 

大都会の狭間に息づく歴史ですね

 

f:id:Ren_newkun38:20180130160704j:image

 

新しく出来た神社なので、ピカピカしてますね

この階段を登ると、参拝殿があって

すぐ右に社務所があります

そんなに広い神社じゃないですけど、全体の

作りは立派ですね

確か、日比谷神社は別名鯖神社って言って

なんか疫病が流行った時に、大好きな鯖を絶って

祈願したら治ったから、鯖をお祀りする

みたいな話を読んだ気がする

 

で、御朱印なんですが…

 

そう、御朱印ですよね

御朱印、貰ったんですよ

直筆の御朱印を紙に書いたものを貰いました

忙しそうでは無かったんですけど、どうも

社務所に居る人は、留守番の人だったのかな

 

貰ったのが、これです

 

f:id:Ren_newkun38:20180130162126j:image

 

 

でーん!!!

 

なんか。

ちょっと。

 

下手くそじゃない?

紙もとても薄くて、真っ直ぐ切れてなくて

くしゃくしゃで、字も下手くそ…

 

いや、、それは有り難いですよ

でも今までのが立派だったので、ちょっと

 

 

へ?

 

ってなりました(笑)

 

日も暮れはじめて、風が出て来て

考えたらもうそこは海なんですよね

なにせ汐留っていうくらいだもん

だから、寒いー!寒いー!って言いながら

頂いた御朱印に凍りつきました(笑)

 

バチが当たります

 

 

 

 

さて、ちょっと前に、本当なんのアテもなく

ただどこかで読書をしようと思って

リュックに本を入れて、電車に乗ったんです

僕としては空いた車内でのんびり読書をしたい

と思ってたんですけど、案外電車は混んでます

 

で、やっぱり来てしまった浅草です

 

まったく用も無かったのですけど

ブラブラするにはこんな面白い街は無いですもん

って、読書の方がどこかに飛んでってしまい

ひたすら路地裏を歩き回りました

かなり不審者です

 

浅草はいつものようにまるごとにっぽん

付近からスタートしましたが、まだ頭の中に

ちゃんとしたルート図が描けてないので

デタラメに歩きました

そのせいで、同じところに何度も戻って来て

しまって、きっと交番のお巡りさんも怪しいやつ!

って思ったかも。目があったしwww

 

f:id:Ren_newkun38:20180130182904j:image

 

カプセルホテル…と言うか、ドヤ宿みたいな

あ、そんなこと言っちゃ失礼か

こういうのは、外国人観光客が利用するのかな

割とこんなこじんまりとしたホテルが残ってる

のが浅草らしいですね

 

ビジネス旅館ってヤツかな

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180130183212j:image 

 

と、思ったらもう廃墟になってたホテルを

見つけましたが、案内板には

 

ご商談 お二人様 3000円

お泊り お二人様4000円

の文字

 

あくまでも、ご商談だと言い張るおつもりですね

お二人でご商談だなんて、シャワーもついてて

次の間まであって、お二人だけでご商談だなんて

どうしても、お認めにならないのですね!

 

それにしても、この当時は二間あって

この値段とか余裕があっていい時代でしたね

今じゃ、カプセルですもん

世知辛い世の中です

 

f:id:Ren_newkun38:20180130195228j:image

 

何でしょう!

老舗っぽい蕎麦屋さんの隣に

そつなく掲げられた「カレー」

凄いですね。カレーってどうなっても

カレーを主張してますよね

ああ、あの下にカレーがあるのだ!と

お腹が鳴りますもん。

例えば、隣の蕎麦屋さんに向かってても

とりあえず一旦立ち止まって考えますよね

「カレー」…どうしようかな?

ってなります

恐るべし、カレーです

 

f:id:Ren_newkun38:20180130195545j:image

 

さすが浅草。和テイストに関しては

群を抜いています

一見、烏龍茶の自販機かと思ったら

まさかの、だし。出汁の自動販売機ですよ

寒気が強まったまま、先日の雪もまだ

溶け残る都内、冷えた身体を温めるのは

一本の、だしですね

 

流石にこの場でだしを飲み干している人は

みかけませんでしたが、これはちょっと

買ってみたい。

でも、一本で700円だったかな。結構高いです

確かな品物かどうか分かんないのに、700円は

出せません。シビアですよ、僕は。

自動販売機で売るならお試しの量と価格にして

気に入ったら通販で買えるようにすれば

良いと思いました

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180130200135j:image

なんだかんだ、スタートが遅かったので

もう夜です

西浅草?にロシヤ料理店を見つけました

ここは、ロシアではなく、ロシヤですよね

宮沢賢治の童話の世界に迷い込みます

 

f:id:Ren_newkun38:20180130200336j:image

 

だそうです

メニューが表に出てたのですが

ピロシキや、ボルシチなど

ロシヤの定番料理が並んでいました

なかなかの名店らしいですが、僕のお財布は

悲しいかな、入店出来る様子ではありません

暖かな暖炉の火を外からそっと眺めていると

女性の方が、中から出て来てくれそうに

なって、慌てて歩き始めました

(暖炉など無かったかもwww)

 

と、お隣の民家にこんな貼り紙を

見つけてしまい、また立ち止まることに。

 

f:id:Ren_newkun38:20180130201245j:image

 

寒いからでしょうか?

アレックスくんは、お外に出て来なくなって

もう何日も経ちます

ご近所の皆さんは、いつも人懐っこく

戯れてくるアレックスくんとの触れ合いが

何よりの楽しみだったので、

「どうしちゃったんだろうねえ」と、心配顔。

そこで、お家のご主人は皆さんにご心配を

お掛けしないように、貼り紙をしたのです

 

という、妄想ですが

当たらずとも遠からず じゃないかな

アレックスくん、会ってみたかったですね

イラストのアレックスくんがめちゃ可愛いです

 

はぁ、お腹空いたし

もう帰るかな、と見上げたその目の先には

 

f:id:Ren_newkun38:20180130201840j:image

 

あな太朗

 

アナゴ料理のお店らしいです

アナゴ、大好き!

 

それにしても、直球なネーミング

 

多分、鰻屋さんなら うな太朗だったのでしょう

でも、うな太朗はどこまでいってもうな太朗

でしか無いですが、あな太朗の場合

あなた、太朗 に分ける事が出来て 朗の字は

ほがらか、という意味もあるので、

「貴方がアナゴを食べると、とても朗らかに

なりますよ」

というダブルミーニングな店名なのですね

 

妄想、です

 

穴太朗 だとヤバいですね

 

いや、このお店。都内で唯一

あなごのお刺身が食べられる名店だそうですよ

 

 

 

では、またです