眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

桜をめぐるぶらぶら その1

足の向くまま気の向くまま

【Ren-new】くんの歩き旅は

本日、春のお花見編です

 

予告していた通り、今日は

歩きながらあちこちの桜を見て回る旅を

して来ました

手当たり次第写真を撮しながら、気になる場所を

歩き回りましたが、例によってアクシデントも

あったので、満足度としては60%くらいです

 

ま、そんな事よりまずは

桜をご覧下さい

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001048j:image

前回、谷中霊園周辺を歩きましたが

その時には、まだ桜は咲いておらず

でもきっと咲いたら見事だろうなぁという

思いが頭に残っていたので、再び谷中霊園から

スタートする事にしました

 

f:id:Ren_newkun38:20180326075659j:image

ほんの一週間前はこの景色だったんですけどね

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001242j:image

天王寺の脇のお地蔵様もなんだか

嬉しそうな顔になってます

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001104j:image

日暮里駅から夕焼けだんだんに向かう道

桜の樹の下では、いつもドライフルーツを

売ってるおじさんが居ます

買ってみようかとも思うんだけど、イマイチ

値段が分からないので眺めるだけです

何故あの場所で、ドライフルーツなんだろう?

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001119j:image

道の向こう側のお寺の桜も青空に映えてます

時節柄、どこも墓参の方が多かったです

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001135j:image

今回も、夕焼けだんだんには降りずに

路地を入って、霊園に向かいますが

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001152j:image

パン屋さん、発見!

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001224j:image

先日の、旅するミシン店の向かい側にあります

こむぎゅ

コッペパンとあんぱんの専門店です

コッペパンには、自家製ジャムがたっぷりと

入っていました

りんご、いちご、マーマレード、ピーナツバター

なんかがありましたが、僕はマーマレードを

選び、相棒はピーナツバターを選びました

マーマレード!絶品でした

フルーツを食べている感じが凄かったですよ

ピーナツバターもナッツの香ばしさが口いっぱい

に広がって、なんでもっと買わなかったのかを

激しく後悔します

こぶりのあんぱんは、こしあんと、クルミ入りで

パン生地より、あんが多いという贅沢品!

そして、なによりパン生地が美味い

しっかりとした噛みごたえと、もっちりとした

食感です ふわふわのスカスカでは無くて、ぎゅっ

と詰まってると言った感じで、とんでもなく

美味しかったです

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001314j:image

霊園の通りの桜は、ほぼ満開

あっという間に咲きましたね

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001400j:image

奥の大きな木は銀杏なのかな

裸で気の毒です(笑)

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001411j:image

この霊園の桜はほとんど手を入れていないのか

枝が伸び放題になっていて、冬の間は

怖いようなシルエットですが、花が咲くと

f:id:Ren_newkun38:20180326001425j:image

ご覧の通り、縦横無尽に手を広げて

花の天井を作っています

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001437j:image

木によって咲き具合も違うので、グラデーションが

楽しめて良いですが、やはり霊園なので

ゆっくりとお弁当を広げる場所は無く、墓地の中を

歩くわけにもいかなくて、ここは雰囲気を眺める

感じですかね

でも、お花見公園なんかより静かで良いです

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001451j:image

毒婦の名高い高橋お伝のお墓がありました

実際には、そんな毒婦では無くて男に翻弄され

苦労して、騙されてと気の毒な方だったようですね

お骨はここには無くて、これは歌舞伎や落語家の

方達が「お伝さんネタにしちゃってごめんなさい」

って気持ちで、建てた墓標なんだそうです

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001503j:image

そんな昔の方のお墓を過ぎると、なんとも

古めかしい時代劇に出てきそうなお家がありました

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001516j:image

ここは、お墓詣りに来る人達にお詣り道具一式と

お供花を売るお店のようです

付近にはコンビニも含めてお供え用のお花を売る

お店がたくさんありました

こういうの僕の地元では見かけない風景ですので

珍しく拝見しました

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001529j:image

谷中霊園から坂を下りるようにして、言問通り

向かっています

僕の計画では、この後上野桜木の寛永寺付近に

いこうと思っていたのです

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001541j:image

楓も、新しい芽を出していました

緑と赤が可愛らしい。

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001555j:image

初音六地蔵

谷中には、初音と名のつくところがいくつかあります

この前ちょっと覗いた初音小路もそうでした

f:id:Ren_newkun38:20180326204228j:image

 

 

この初音六地蔵のあるお寺は、初音幼稚園という

幼稚園も経営しているようです

 

初音は谷中に昔あった地名なのだそうです

近くに鶯谷という場所がありますが

その鶯に対しての、初音という地名だったとか。

鶯の初音が響き渡るような、静かな町だったんですね

現在は、初音という地名は無くなっているそうですが

こうして、色んな所に初音の名が残されています

 

f:id:Ren_newkun38:20180326001607j:image

 

さて、ここで一つ目の問題発生です

 

相棒がお腹が空いて不機嫌に(笑)

僕はさっき、コッペパン食べたので平気だと

思っていたんですけどね

まあ、時刻もお昼近くなのでご飯食べても良いか。

 

ちょうど「筆や」というビーフシチューが

名物のお店がありました

なんでも、シェフは元は筆職人だったのに

趣味の料理をお仕事にしたくて転職したんだ

そうです

なんとも、面白いエピソード。シチューも

美味しそうだったのですが、既に長蛇の列。

お腹減ってるのに、今から1時間以上待たせるなんて

そんな勇気は無いので(笑)少し予定を

変更する事にしました

 

一旦、坂を降りて商店街の方に向かうことにして

あるお店にお昼を食べに向ったのですが

それはまた、次回のお話し

 

 

では、またです