眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

桜をめぐるぶらぶら その4

お花見シーズンも後半ですかね

今年は雨が降らなくて、ずっと楽しめて

良いですよね

でも、暖か過ぎて開花が

ちょっと急ぎ足なのが気にかかります

 

さて、まだ最初のお花見レポが終わらない

【Ren-new】くんです

前回は、へび道という路地を歩きました

 

もちろん、今回はその続きですよ

 

f:id:Ren_newkun38:20180330194917j:image

へび道から上野不忍池に向かって歩いていました

すると、レトロモダンな建物を発見

これは上野にあるファッションビルABABや

スーパーマーケット赤札堂を経営している会社の

社員寮らしいのですが、そのほとんどの部屋は

空室みたいです

こんな良いところにあるのに、勿体ないなあ

住んでみたい建物です

建物もシンプルでおしゃれですが、建築物に

関しての情報は特に出て来ませんね

 

この辺りから、相棒は花粉症の症状を

拗らせてしまいまして、クシャミが止まらなく

なってしまいました

散歩を楽しむとか、景色を眺めるとか、そんな

レベルでは無くなってしまい、クシャミで

体力を奪われてしまうので、疲労が半端無い

 

どこかに入って休みたい

 

その気持ち分かります

でも、不運なことにもうここは不忍池

桜の咲いた日曜日はものすごい人、人、人!

どこかに座って休むなんてとても出来ません

 

f:id:Ren_newkun38:20180330194930j:image

こうしてみると、静かで長閑な池の景色

なんですけどね

これを写している僕の背後には、恐ろしい

数の人間が蠢いているのです…

 

かろうじて見つけた石の上に腰掛けて

少し休みました

全然桜なんて見えない場所なのにみんな

構わず座り込んでお花見の宴会をしています

気持ちは分からないでもないけど、そこでやるなら

家でやった方がいいんじゃない?って

思うんだけど。

 

ここは上野動物園上野東照宮の入り口にも

なっているので、余計に人が多いんですよ

だから少し休んだ後、思い切って移動します

さっきまでの、のんびりした日常が

殺気立ちます

 

東照宮の方へ石段を登り、上野恩賜公園

突っ切って、UENO3153ビルから上野駅側に

降りることにしました

UENO3153ビル…なんやねん?

って思ってましたが、上野の西郷さんって意味

なんだね(笑)

 

なんやねん!

 

f:id:Ren_newkun38:20180330194941j:image

歩きながら、一応上野の桜をおさめました

出来るだけ人を写さないようにと思ったけど

人混みもまた思い出ですね

 

f:id:Ren_newkun38:20180330194952j:image

あんなに人が居たのに、こうして写真を

みると、平和なのが不思議です

f:id:Ren_newkun38:20180330195007j:image

瀕死の相棒を抱えつつ、枝垂れ桜を

横目で眺めます…まだ咲き始めなので平日なら

これから楽しめますね

f:id:Ren_newkun38:20180330195020j:image

うちの近所の家の庭にある枝垂れ桜は

もう満開なんですけどね

ここは、日陰だから遅いのかな

f:id:Ren_newkun38:20180330195033j:image

立ち止まる事なく、ひたすら人の流れに

沿いながら、ろくに画面も確認しないで

撮ったので、めちゃくちゃです

 

ともかく、なんとか

上野駅に出たので、そこからどこか

休憩出来る場所を探しますよ

 

ったって!

ここはあゝ上野駅だもの

日本人より外国人の方が多いんだもん

デカいキャリーバッグ持った集団が

駅の中から吐き出されて、アメ横に向かって

吸い込まれて行きます

 

無理!

もう、無理!

 

 

 

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195048j:image

我々は今

ドトールコーヒーに居るのです

東上野4丁目のドトールです

裏は上野警察です

ここのカウンターに座ってひたすら

充電をしています

人間もスマホも充電中なのです

目の前を消防車が通ります

火事なのか。

それにしては一台だけしか通らない

上野に来ると必ず消防車をみかける

駅に停まっている時もある

でも、その理由を知ることはない

なんやねん!

窓の外を行き交う人たちを眺めながら

ミルクレープを一枚一枚はがしながら

食べました(笑)

 

ゆったりと時が流れて行きます…

 

 

 

 

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195102j:image

ドトールでしこたま休憩して

復活しました

相棒の花粉症もピークを過ぎたらしく

再起をかけて戦います

 

誰が為に?

 

これからまだ向かうべきところがあるので

浅草を目指します

そう言えばドトールに座って居ると

目の前を何人も何人も外国人が通りました

浅草方面から、上野を目指して徒歩で

カートをガラガラいわせながら歩いて行きます

見知らぬ国の見知らぬ道をこの人たちは

臆することなく歩いている

 

負けてられっかよ!

 

と言うわけで、僕たちは下谷神社に立ち寄ります

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195113j:image

狛犬が、ライオンキングみたい!

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195129j:image

下谷神社と書いて、「したやじんじゃ」と

読むそうです

ずーっと「しもやじんじゃ」だと思ってた

あと、自分が思ってた場所の反対側に

神社があったのが驚きでした

目印の赤い鳥居は、塗装工事中でカバーが

掛けられてあり、危うく見逃すところだったし。

 

ここで参拝と御朱印をいただきました

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195144j:image

隣には、下谷稲荷があります

赤い柵の内側が稲荷の敷地ですね

真ん中の道は参道? 裏の通りと繋いでいる

道でした

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195155j:image

赤って、神秘的ですね

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195208j:image

ここは、寄席発祥の地だそうです

この境内でかつては落語をきくことが

出来たんですかね

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195219j:image

神社の前の通り

台東区って感じの建築が並ぶ通りですね

まあ、僕が何を知ってるわけでも無いですけど。

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195231j:image

浅草通りに戻ってきました

通りに植えられている桜が美しいです

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195339j:image

スカイツリーがそこに見えてますが

まだ2キロ先なんですね

やっぱデカいんだな、スカイツリー

あ、写ってませんが…。

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195351j:image

今回一番の謎。

なんのお店なんだろう

妙に貼りまくってるキャッチコピーと 

不気味な三つ目マーク

検索しても出てこなくて、謎は深まるばかり

と言うかね、写真撮ってないような顔して

写真撮ってたんだけど、ちょうどその時に

人がやって来て、凄く睨まれたんだよね

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195430j:image

途中、合羽橋の方に曲がってデタラメに

国際通り方面目指して歩いていると

お寺の塀越しに、ハナモモが顔をだしてます

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195403j:image

赤、桃、白、ミックス

色んな色の花が一本の木で楽しめるお得な木

これから可愛い花を咲かせるのが楽しみだな

でも、もう一度ここに行けと言われても

辿り着くか分かんない(笑)

 

f:id:Ren_newkun38:20180330195444j:image

その先、公園の桜も綺麗でした

そして、その斜め向かいにあったのが

宇都宮餃子のお店です

餃子会館

本場、宇都宮餃子の支店です

 

宇都宮餃子ってなんだろ?

よく分からないし、そろそろ休みたいところ

だったので、入ってみることに。

 

テーブル三席とカウンターの小さなお店です

餃子とアルコールのセットが500円でした

僕は飲まないで、焼き餃子を頼みました

f:id:Ren_newkun38:20180330195455j:image

美味そう!

宇都宮餃子と普通の餃子の違いってなんだ?

だとおもうのですが、いたって普通の餃子

宇都宮は餃子の消費量か、店舗数が日本一

とかで有名になったんだそう

違いとしては、野菜が多く入ってるそうで

確かに軽くてさっぱりしてて、野菜が甘くて

これなら幾つだって食べられます

人気の秘密はこの口当たりの良さなのかな

 

とても美味しゅうございました

 

夕方に近づいて来ましたが

まだこれから僕らは行くところがあるのです

 

それは、また次回

サラッとお届けする予定です

 

今日は、ここまで。

 

では、またです