眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

桜をめぐるぶらぶら その5 と、光の花咲く場所

もう、四月になっちゃいましたね

このところ、春だなぁと身体が正直に

教えてくれます

 

眠いんです

春眠暁を覚えずですよ

ぐったりするみたいに、眠い。

ものすごく肉体疲労してるかのように

眠いんです

別にそんなに疲労なんてしていない

はずなのに(笑)

 

これは、春だからでしょう

 

暖かくなって、植物も目覚めて

気分も少しは浮かれ初めて、だけど肉体は 

目覚めない(笑)目覚め無いんだけど

浮かれた心に引きずられて出掛けます

寝かせてくれ!あと、もう少し寝かせてえ〜!

と泣き叫ぶ肉体を無理やり引きずって僕の心は

スキスキスキップ三段跳びですよ

 

そんな風に心身のバランス崩しやすい

時期でもありますので、ご自愛ください

 

さて、この「桜をめぐるぶらぶら」も

今回でおしまいです

なんですが、別に前回の後半にサラッと

載せとけば良かったんですよね

写真も少なく特に町歩きも無いのですが

一応、この日最後の桜という事で載せておきますね

 

浅草から電車に乗って北上、途中乗り換えと

夕飯を食べてから向かったのは

綾瀬川という川です

 

なんでも、綾瀬川の桜が良い

ってウワサを小耳に挟んだので行ってみますよ

 

f:id:Ren_newkun38:20180401100145j:image

 

おお〜! (iPhoneのカメラなのが悔やまれる)

薄ぼんやりとした暗闇に浮かぶ桜

 

f:id:Ren_newkun38:20180401100355j:image

LEDライトですかね

微妙な色具合の光線が出ていて妖しく桜を

照らしています

 

f:id:Ren_newkun38:20180401100603j:image

夜になって気温も下がって来たので

ちょっぴり肌寒いです

でも、そんな中夜桜お花見を敢行している

ひと組の家族がいました

 

場所と雰囲気がこんな感じなので

とても静かなお花見の宴でした

無意識に声を潜め、息を詰めちゃうんですよ

みんな静かに桜を観ています

 

f:id:Ren_newkun38:20180401101116j:image

美術館で絵画を鑑賞する時みたいなんですよ

こんなお花見もあるんだな、って思いました

 

美しいけれど、ちょっと怖い気もしますね

子供だと、暗闇から何者かが出てくるんじゃ

ないかとビクビクしちゃいそう

 

f:id:Ren_newkun38:20180401105148j:image

 

この日の桜をめぐるぶらぶら旅は

これにて終了でした

足の向くまま気の向くまま、と言えば

聞こえはいいですが行き当たりばったりの

無計画な歩き旅なので、気楽ではあるけど

ま、疲れちゃいますね

 

 

 

さてさて、それから数日後のある日

久しぶりに自転車旅をして来ました

 

自転車旅は歩き旅ほどゆっくり

景色を見て回れないので目的地の

写真のみになっちゃいますね

この時も、桜を見たくてパーっと

行ってきました

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110255j:image

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110319j:image

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110338j:image

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110356j:image

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110408j:image

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110435j:image

 

f:id:Ren_newkun38:20180401110447j:image

 

用水路沿いに2キロくらい?に

渡って植えられています

お弁当を広げる人達や、釣りをしている人

桜の花がこんなに咲いているのに、

それでは物足りないのかずっとうわさ話に

花を咲かせていたおばちゃん

かなり具体的にディープな他人の家庭と

お金の話をしていましたが

確か左岸に居たはずなのに、一周して対岸を

帰ってたら、おばちゃん達も対岸に

移動してて、やっぱり花咲かせてました

 

花咲ババアかよ!

 

 

花咲と言えば、この前は

光の花咲く場所に出掛けて来ました

 

実は某アイドルグループのコンサートに

ひょんなことから行くことに

なりまして、この歳になってアイドルコンサート

初デビューです(笑)

 

いや〜、緊張しました

 

会場周辺に着くと既に沢山のファンの

人達が、生写真やグッズの交換会などを

やっていたりして、ああこの人たちがあの

アイドルオタクという人たちなのか?

と、妙な感慨を覚えました

まあ、そんなに見た目でどう違うとかの

話でもないし、もちろんアイドル好きだから

と言って嫌うわけでも蔑むわけでもないです

そこはちゃんと言っとかないとね。

でも、アイドルは基本好きだけど、

このグループの事はよく知らない。

完全、アウェイです

 

 

ただ、普段交流がない人たちだったので

どんな風にしてるんだろう?と興味深々です

中には派手な格好や、面白い格好をしている

人もいましたが、もっと居るのかと思った

ハッピや特攻服の人もハチマキしてる人もいません

そんな時代は過ぎ去ったんですよ

 

ここまで僕は例えば映画を見るような

そんな感覚で来てたんですね

だからなんの準備もしていないし、もちろん

なんの準備が必要なのかも分からない

偶然に行き当たりばったりで来ちゃった感じ。

だけど、あのサイリウムみたいな色のついた

振るヤツは必要じゃないか?と思ったんです

さすがに、それは思った

 

会場で売ってるんじゃないかな?と

思ったんだけどなんやらグッズのブースは

長い列が出来てて、間に合いそうにも無い

かと言って、売ってそうなお店も遠い…

 

まぁいいか

とりあえず中入ろうぜ

 

厳重に金属探知機で検査され

バッグの中身を見せたりしてやっと

中に入ります

やっぱり映画館に入った気分がします

座席はステージのサイドでしたが、案外良い席

じゃ無いかと思いました

 

周囲を見渡すと、おっさんばかり…

え? おっさんばかりなの?

目の前の席の人も会社ではそこそこの

役職についてそうな、真面目を絵に描いたような

おじさんですし、上から見てると後頭部ばかり

見ることになるんだけど、ハゲ散らかしたおっさん

が目立ちます

こういう層の人たちに支えられて居るわけなんだな

妙に納得しますね

 

f:id:Ren_newkun38:20180402001812j:image

大きなホールでのコンサートの割に

アリーナ席が少ないのは、なぜ?

 

中央や後方にもステージがあって、更に

花道があちこちに繋がっていて、これは

ライブ中にアイドル達がより近くに来て

パフォーマンスをしてくれる為のもの

らしいですが、高さが結構ありますね

高所恐怖症な僕なら怖くてダンスどこじゃ

無いなぁなんて思っているうちに、段々と

席が埋まって来ました

 

皆さん席に着くと周り見回し、知り合いを見つけて

おおー! とかやってる

みんな顔見知りなんだ!という驚き。

上着を脱ぎ、なんやらTシャツに着替えたり

リュックの中をゴソゴソしてると、出ました

サイリウム

と言うか、サイリウムは禁止なんだそうで

現在は電池式のペンライトの親方みたいなやつ

なんだそうですね

曲によって色も変わるヤツです

更に、推しのメンバーによってカラーも違う

らしく、通常の時は推しのカラーを点灯させて

おくものなんだとか。

前の専務さんみたいなおじさんもペンライトを

4本も出しました

一本3000円くらいらしいので、12000円ですね

なかなか、物入りなんだな

でもそこは、専務さんだから金に糸目は

付けないんだよ。そんな奴は来ちゃダメなんだ

 

勉強なります!(笑)

 

そして、次第にペンライトの数が増えて

行きました

ああ、やっぱ必要だったよな

よく分からないで参加しているけれど

周りに同調する為の必要最小限のアイテム

だったのに、これはかなり浮きます

 

f:id:Ren_newkun38:20180402081702j:image

 

でも、仕方ないので覚悟を決めていると

始まりました

会場が暗転し、オープニングの曲が流れる

瞬間に、ペンライトの花が一斉に咲きました!

うわ、綺麗だなあ〜

 

すごい歓声と、コール

ああ、アイドルのコンサートに来たんだな

と深く実感します

同時に、やっぱ場違いだなぁとも思ったけれど

何事も経験です

こんな機会めったに無いんだし、楽しんでみよう

なんて言い聞かせながら進んで行きました

 

斜め前の男の子が始まってすぐから

滝のような汗が出ています

ぽっちゃり男子ですね

その隣は細い折れそうに細い男の子

二人は泣いているのか、汗を拭いているのか

メガネを外して拭いてます

 

ペンライトはただヒラヒラさせれば

いいと言うものではなくて、交通誘導員みたいに

しなきゃいけなかったり、色を変えなきゃ

いけなかったり、結構忙しいみたいで

ぽっちゃり男子は結構激しく動いています

声もよく出ている

僕はどこでどんな声を掛けるのかもわかんないので

フリだけしてます

 

いや〜、よく分かんないけど

これはこれで楽しかったですよ

アイドルグループのコンサートを観るというより

アイドルグループのコンサートに来ている

人達を含めたこの会場全体をみる気分で

構成や舞台演出なんかも楽しめました

 

ただ、ひとつ

ぽっちゃり男子が汗をかけばかくほど

臭いがキツくなってきて、動くたびに

臭いが広がるので閉口しましたけどね

 

時間にして3時間程。

腰が痛くてたまりません

途中座ってMCを聴いているうちに

眠ってしまったり(笑)

面白かったけど、疲れましたねえ

 

機会があればまたこういうのも

行ってみたいと思いました

 

帰りの電車は爆睡でしたけどね

 

 

では、またです