眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

蔵前 第六天榊神社と花の競演

前回記事に出てきた

須賀神社は6月にお祭りがあるそうです

これは楽しみ! 行かなきゃですね

横チン(id:yokobentaro)さん情報

ありがとうございます♪

f:id:Ren_newkun38:20180412090839j:image

 

さて、須賀神社の後は

通りを向こうに渡ります

この通り、僕は国際通りだと思ってたら

途中から合流して江戸通りになるんですね

知らなかった。

まあ、まだ一年も住んでないんだもの

当たり前なんだけど。でもこうして少しづつ

脳みそ地図が埋まって行くのは嬉しい

f:id:Ren_newkun38:20180411214933j:image

で、その江戸通りを渡って、向かうのは

 

あ、その前に

 

f:id:Ren_newkun38:20180411222105j:image

ハンドバッグ会館。台東区柳橋

数あるバッグ類の中でも、ハンドバッグのみに

焦点を絞って組合を作りました

日本ハンドバッグ協会と言います

知らないけど。

でも、当たらずとも遠からずな気がするw

窓がちっさ〜 

 

さて、次の神社は

台東区蔵前一丁目にある

第六天榊神社という神社です

創建は、西暦110年日本武尊が作ったのだそうです

第六天とありますが、第一とか第三とかが

あるわけじゃないっぽい

ぽい、とかいい加減な説明ですみません

関東圏には、第六天系の神社がいくつかある

らしいのですが、ここはその総本山的な神社です

 

f:id:Ren_newkun38:20180411221949j:image

鳥居をくぐる前だったのですが、何となく

ここは良い気が流れている感じがしました

気、とか分かってない人なんですけど

でも何か良いものを感じます

 

f:id:Ren_newkun38:20180411222855j:image

鳥居をくぐった時の、爽やかな風が

予感を確かなものにします

ここの神社良い!

 

f:id:Ren_newkun38:20180411223009j:image

緑がとても多いのが特徴です

里山みたいに樹木が生い茂っていて

そのどれもから若葉が芽吹いているので

生き生きとした生命力を感じます

f:id:Ren_newkun38:20180411223231j:image

気持ちがすーっとするようでした

いつもより長く参拝しました

なぜか自然と長い時間手を合わせていました

 

境内には、色々な植物がありましたが

四月になってもこんなに美しい花を咲かせて

いるのが、椿です

f:id:Ren_newkun38:20180412011956j:image

f:id:Ren_newkun38:20180412012029j:image

f:id:Ren_newkun38:20180412012042j:image

他にも真紅の八重咲きや白椿もありました

圧倒的な緑の中にひっそりと色づく椿は

色っぽくて可憐です

 

社務所らしき所を訪ねました

社務所というか、立派な御宅の玄関みたいです

f:id:Ren_newkun38:20180412012435j:image

とても上品な女性の方が出て来てくださり

御朱印を頂くことが出来ました

そんなに多くの言葉を交わしたわけでは

ないのだけれど、とても丁寧に暖かく応対して

下さり、心遣いが素晴らしかったです

 

f:id:Ren_newkun38:20180412012703j:image

振り返ってみると、どこか山の中に

いるかのようで、まさかここが隅田川の直ぐそば

だなんて、言われなきゃ分からないくらいです

 

f:id:Ren_newkun38:20180412012852j:image

ああ、やっぱりこの神社、好きです

自然が多いからでしょうか?

田舎者にとっては、こういう自然がとても

懐かしく有り難いものに思えます

 

f:id:Ren_newkun38:20180412013020j:image

ここの神社にも稲荷社が併設されています

f:id:Ren_newkun38:20180412013055j:image

八重桜が咲いています

桜を観るには少し暖かすぎる陽気になって

来ていました

 

 

この地は浅草文庫という日本最初の図書館が

あったそうです

ここで広く一般の人々に閲覧させていた

徳川幕府の時代の蔵書は、現在も国立博物館

国会図書館に収蔵されているんだとか。

f:id:Ren_newkun38:20180412013340j:image

 

収蔵、の蔵の字

そうです、蔵前の蔵の字ですね

図書館になる前には、ここには幕府の米蔵

あったそうで、そこから蔵前という地名に

なったようです

ちなみに、第六天榊神社は浅草文庫移転後

柳橋一丁目から昭和3年にこちらに移された

ようですね

この地に来て90年、もうすっかり根を下ろしていて

堂々とした風格の、素晴らしい神社でした

 

 

この後は、また江戸通りを渡って本日最後の

神社にむかうのですが、僕は隅田川を渡って

両国国技館を見てみたいと思っていました

でも、次に向かう神社は方角的に正反対の

場所にあるので、どうしたもんかな?

相棒の顔色を伺います…

 

ヤバい。

 

この後はカフェに向かうことにしますね、ハハハ

 

 

神社の前の植え込みにはツツジの花が

今まさに咲かんとしていました

f:id:Ren_newkun38:20180412083038j:image

 

ん? これってツツジだよね?

でも、葉が長くて花のつき方とかみると

シャクナゲにも見えるなあ

 

f:id:Ren_newkun38:20180412081052j:image

花はツツジの花だよね?

葉の表面に産毛があるからこれはツツジです

きっと(笑)

 

f:id:Ren_newkun38:20180412082715j:image

途中のお宅の庭先にあったシャクナゲ

フリルがついた花がたくさんついてます

でも、このシャクナゲって葉の形とかが

あまりシャクナゲらしくないです

え? シャクナゲじゃないのかなあ?

アザレアかも知れない

 

 

この手の花は品種改良が盛んで

次々と色んな品種が登場してくるので

訳わかんないです

まあ、いずれにせよみんなツツジ科の植物なので

お仲間って事ですよ(笑)

 

f:id:Ren_newkun38:20180412085313j:image

これも町歩き途中に見つけた、ツツジです

ドウダンツツジ

およそ、さっきまでの花と比べるとツツジ感が

薄く、アセビの花みたいですけど立派なツツジ

の植物なんです

秋の紅葉の頃に葉が真っ赤になって美しいんです

 

 

さて、もう少しだけ今回の町歩きは

続くのですが、続きは次回に。

今日はこの辺でおしまい

 

では、またです