眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

お題 春うたを辿ってみる

今週のお題「わたしの春うた」

 

お題記事というものに挑戦してみよう

今日はめずらしく、食料買い出し以外

どこにも行かなかったからね。

 

 

わたしの春うた。

 

じゃあ、3つ。

 

松任谷由実 川景色

松任谷由実 経る時

松田聖子 赤いスイートピー

 

3つなのにユーミン2つも出したし

赤いスイートピーも結果ユーミンだし

 

や、そんなユーミン信者なわけではないけど

ふと、思いついた三曲です

 

川景色は、春と言えば川辺の風景を浮かべます

まだ肌寒いんだけど、少し柔らいだ風と

若草のキミドリ、キラキラひかる川面

中洲に咲く菜の花や、土手の柳も揺れている

そんな風景を思わせてくれる曲です

 

経る時は、アンティークな内装の静かな

喫茶店から見える桜の樹を思わせます

音楽なんて掛かってなくて、ただコーヒーの

深くて香ばしい香りが風に散る桜の花弁と共に

時のハーモニーを奏でる、そんな春を想います

 

赤いスイートピーはもちろん

春色の汽車に乗って♪って歌詞から始まりますもんね

それにしても、この当時の男女はなかなか恋が

進展しないんですね

半年過ぎても手も握らない彼氏は

2番になっても

駅のベンチで二人っきりになっても

気まずくなるだけでアクション起こさないです

なかなかの小心者な彼氏ですが、タバコは吸う人

なんですねぇ

たぶん、このお兄さんは本当はタバコなんて

吸えないんですよ

ちょっとカッコつけてタバコふかしてるけど

本気で吸ったらむせ込んじゃう

松田聖子の歌に出てくるお兄さんってだいたい

2枚目半から3枚目だったりして、どこか

野暮ったくて憎めない

綿100%の白シャツに洗いざらしたジーンズ

昔の吉田栄作より、加勢大周のイメージです

僕の中では。

 

 

ってか、三曲ともネタが古い?

古すぎるね(笑)

せめてこの10年くらいのうちの曲を

出してこい!って話ですね

 

…えっと、何があるかな

 

10年桜 AKB48

サクラ色 アンジェラアキ

ワンルーム・ディスコ perfume

 

時点、ケツメイシ さくら

 

もう単に思いついた曲を書いてるだけですけど

アンジェラアキの曲は良く歌ったな

って思い出がありますね

意地になってアンジェラのキーで歌おうと

必死でした

なんでそんな無謀な事してたのか(笑)

 

 

ここ最近(といっても僕的に最近ですけど)

の春に聴きたい曲と言えば

 

湯川潮音 ツバメの唄

 

ツバメの唄ですけど、歌詞には紫陽花とか

出てくるので、純粋に春の曲じゃないかも

知れないですけど、春の休日、窓を開けて

掃除なんかする時に聴きたくなる曲。

 

ビューテフルハミングバード

眠っているあいだに

 

これは春の夜、少し風は冷たいけれど

夜風を感じながら缶ビール飲む時に

聴きたい曲です。

(酒は飲めませんけどw)

 

 

それぞれの曲には、ひとつひとつの

思い出があって、でもいつのまにかその思い出は

薄まってしまって、もしくは塗り替えられて

しまうのだけれど、皮膚が覚えているようで

曲が流れると身体の奥からジワーッと肉汁が…

いや、肉汁は出ませんが名前のつけられない

感情が湧いてきます

 

色んな飾りは気づけば削ぎ落とされていて

ただ単に、哀しみや、嬉しさといった単純な

想いだけが曲に紐付いていますね

その曲と共にそれを乗り越えて来たのだなあと

今になっては、ただ俯瞰図のように

その気持ちを眺めているだけなのです

 

今日のこの時もまた

いつか何かの曲と重なり合って

思い出す日が来るのかも知れないですね

 

 

今日は、この辺で。

では、またです