眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

長崎から押上経由で北海道まで スカイツリー周辺

雨がすごいですね

北海道がえらいことだな、旭川とか

懐かしい景色がテレビで流れてたと思ったら

西日本もえらいこと。みなさんのところは

大丈夫ですか?

うちの実家の方もそろそろ河川が氾濫しそうで

避難指示なんかが出てるみたいで、車が

流されたりしてるようです

幸い、実家は川の側には無いので今のところ

大丈夫みたいですが、交通が遮断される可能性

があるので今後が心配。

こういう時、離れてるとなんだかもどかしい

ようで、それでいてどこか遠くの世界の出来事

みたいにも感じて、自分が心配性なのか、冷たい

人なのかよく分からなくなります

 

今年はこの後、とても暑い夏がやって来て

そして9月になった途端、あっという間に秋

そして早い冬が訪れます

雪が降る頃、もう一つ大きな災害が起きる

でしょう…

みたいな事にならなきゃ良いんだけど。

 

とか言ってたら麻原彰晃らの死刑が執行された

とニュースで言ってますね

変なことになりませんように。

 

 

 

 

 

さて、いつかの出来事ですが

スカイツリーのお膝元、押上の神社に

出掛けて来ました

と言うか、それはついでだったんですけど。

 

とにかくまずは、スカイツリー駅に

降り立ちました

ここは、ちょっと前まで業平駅だったとこ

ですが当時の面影はもはや無くなったなぁ

と思ってました

でも、駅から少し行くと昔見た景色がそのまま

目の前に広がって来て、懐かしい思いがします

 

ふと、スカイツリーを見上げると

赤いのぼりが目につきます

f:id:Ren_newkun38:20180706081528j:image

 

大好きな、ちゃんぽん、皿うどん

本場長崎の味らしい

これは入ってみなきゃ!

「評価高いよ」検索した相棒が耳打ち

して来たので決まり!

 

うん、じゃあここにしましょう
f:id:Ren_newkun38:20180706081417j:image

 

「ありあけ」とは有明海のことかな

平仮名だと有明海感は感じられませんが

とにかく本場長崎の味ですし。

入ってみました


f:id:Ren_newkun38:20180706081426j:image

 

カウンターに座ると、目の前にはスカイツリーです

2人の女性が切り盛りされていました

「よく来たわね、さあここに座って」

みたいな事を言われて座りながら店内を

見渡すと、ほぼ満席 

 

カウンターの向こうにおじさんが居て

フライパンを振ってたり…しません

おばさんが小忙しくそれでいて、どこか

気怠げな雰囲気もありながら作ってます

 

ラーメン屋さんって男性がやってて、女性は

ホールをやってるイメージだったので、ちょっと

意外な感じがします

ただ、なんとなくここはちょっと飲んだりも

出来るようで、夜は飲み屋さんとしても利用が

あるみたいですね

 

僕は皿うどん、相棒はちゃんぽんを注文します

 

この女性2人がなんともいい感じのキャラで

淡々と、そして楽しそうに作ってくれます

それだけで美味しさアップしますよね

ラーメン屋とか割と怒鳴ってるみたいなイメージ

なんですが、そういうのは嫌いなので

なんだか和やかなムードがとても良い。

 

おばちゃん2人のラーメン屋さん

大正解ですね

 

途中で、一人の人がジェスチャー

ゆで卵サービスするから食べなよ!ってな

事を言ってきました

台湾人観光客と間違われたようです(笑)


f:id:Ren_newkun38:20180706081601j:image

「ね? なに、ちゅうもん したっけ?

わすれちゃったよ(笑)」

 

変にゆっくりと笑いながらおばちゃんが

訊いてくる

えええ〜(笑)忘れてるし、台湾人だと

まだ思ってるし。

 

他にも、ご飯がサービスで貰えるみたいで

「ごはん、サービス、いる?」

みたいな微妙なカタコトで話しかけられました

全然、台湾人っぽく無いと思うんだけど

上野とかでもたまに間違われるんですよね

なんでだろ?


f:id:Ren_newkun38:20180706081536j:image

出来ました!

王道の皿うどんです

赤い蒲鉾が乗ってると安心します


f:id:Ren_newkun38:20180706081605j:image

 

外は熱々トローリ。中はパリパリですね

僕はこのパリパリの状態で味わってから

後半、柔らかくなった麺にお酢をかけて

食べるのが好きです

味は間違い無いです

久しぶりに本当に美味しい皿うどんを食べた

気がします

美味いです、大当たり!


f:id:Ren_newkun38:20180706081448j:image

これは、相棒の頼んだちゃんぽんですね

少し分けて貰ったのですが、スープがとにかく

美味しいです

色んな旨味がぎっしり詰まったスープです

 

特に高級食材を使ってるわけじゃないですし

変り種でもないですが、スタンダードなのものを

変わりなく作っていくことって大切だな

と思いました

 

「御馳走さま。とっても美味しかったです

近くに来たらまた寄せてもらいますね

ありがとう」

本当に美味しかったので、2人の女性に

お礼を日本語で言いました(笑)

 

 


f:id:Ren_newkun38:20180706081550j:image

お店を出ると、目の前にスカイツリー

と、なんだか下の方にもスカイツリーらしき

ものが建っているのが、分かりますか?

赤い矢印のところです


f:id:Ren_newkun38:20180706081649j:image

ほら! こんなところにもスカイツリー(笑)

よく見ると電飾がついているようで

夜になると本物同様に光り輝くんでしょうね


f:id:Ren_newkun38:20180706081626j:image

さて、御朱印をいただきに、神社を目指して

歩きます

ここから10分かからないくらいだと思うのですが…


f:id:Ren_newkun38:20180706081630j:image

歩いている間に、この前みつけた

シロバナネムノキをご覧下さい


f:id:Ren_newkun38:20180706081452j:image

ネムノキと言えば、ピンク色か赤色の花だと

思うのですが、このネムノキは白い花がついてます

最初は、ティッシュかなにかホコリが付いてるのかと

本気で思いました(笑)


f:id:Ren_newkun38:20180706081639j:image

美しい白ですね

こんなに純粋に白い色なんですねぇ

ただ、白花はフサフサがモタッとしてます


f:id:Ren_newkun38:20180706081715j:image

赤い花だとピンってしてるんですが、この

モタッとしてるせいで、シロバナネムノキ自体

そんなに魅力的な植物には見えないのが

残念ですね

 

f:id:Ren_newkun38:20180706081437j:image

これは瓦屋さんらしいです

下町っぽい佇まいですね

ここも東京都なんですよね


f:id:Ren_newkun38:20180706081613j:image

道路は広がり背の高いマンションも

建ってるけどこんな風な作りのお家もまだまだ

現役で頑張ってます

街路樹がアクセントになってて良いですね


f:id:Ren_newkun38:20180706081524j:image

そこから程なくして、路地を入ります

ぐっと狭い昔からの住宅街

この辺りの道幅は昔のままなんだろうな


f:id:Ren_newkun38:20180706081609j:image

煉瓦塀かと思ったら赤くなってるブロック塀だね

先に見える緑の森が目指す神社のようだ

 

f:id:Ren_newkun38:20180706081554j:image

外壁の縁取りが洒落たタイルの

スナックみやこ

手作り雑貨店だったとしてもおかしくない

ようなかわいい外観ですよ


f:id:Ren_newkun38:20180706081543j:image

その隣、錆び錆びの建物、無人なんだろうか

昭和40年代って感じ

この年代の建物って間取りに余裕があったり

するんだよね

とても魅力的だな。


f:id:Ren_newkun38:20180706081653j:image

まるで、個人宅の表札のように

「押上アパート」と書かれてます

耐震強度がどうかは分からないけど

一階部分のガレージがとても広く作ってある

自転車があるから、住人がいるみたいだけど


f:id:Ren_newkun38:20180706081513j:image

ああ、カッコいい

真ん中のはめ込みガラスの部屋

住人のサロン的な場所だろうか?

その上のコンクリート部分がくの字に

なってるとこも、さり気なくモダン

山辺りにあっても違和感ない

40年前ならね

 

で、この押上アパートの向かいにあるのが


f:id:Ren_newkun38:20180706081623j:image

高木神社です

550年の歴史があります


f:id:Ren_newkun38:20180706081444j:image

トクサとシダが涼しげな手水舎

こんな…と言ってはなんですが割と住宅街の

中にある神社ですが、結構人がいました


f:id:Ren_newkun38:20180706081708j:image

多分理由はこれ。

可愛らしい巫女さんが迎えてくれました


f:id:Ren_newkun38:20180706081433j:image

アニメか漫画か僕はよく知らないけれど

コラボしてるみたいですね

「からかいじょうずの高木さん」

作品自体は中学生のラブコメなので

高木さんが巫女さんなわけではないそうで

舞台も別に押上ってことでもない

香川県の小豆島らしい)

では、なぜ?コラボしてるのって思うよね

まさか、高木さんと高木神社という高木繋がり

だけでこの企画を???

 

 

この高木神社は縁結びの神様だそうで

ブコメという題材なので、縁結び神社との

コラボが実現したらしい…です

でも、なんだか面白そうだな


f:id:Ren_newkun38:20180706081703j:image

あ、拝殿はとても立派なんですよ

境内も綺麗に整備されていて、車椅子スロープ

も設置されています

 

f:id:Ren_newkun38:20180706081540j:image

背後には、タワーマンションがそびえてます

先ほどの押上アパートから50年で建物は

ここまで高くなりましたよ


f:id:Ren_newkun38:20180706081658j:image

うずくまる鳩

丸くってかわいい

近づいても逃げないです

 

f:id:Ren_newkun38:20180706112653j:image

高木神社の御朱印には、縁結びの文字や

おむすびのイラストも描かれてます

そう、むすび繋がりで境内のあちこちに

小さなおむすびがこっそり置かれていて

それを見つけるのも楽しいです

が! なぜかその写真が見当たりませんね

 

なので、神社の公式ツイッターから

f:id:Ren_newkun38:20180706113824j:image

かわいいです

 

確か御朱印貰ったらこのおむすびを一個

貰えたはずなんだけど、記憶にないんだよね?

もう、僕にはなんの縁もないって事なのかも。

 

 

 

さて、この後の予定の時間まで

まだ少しあったので、高木神社のすぐ近くにある

神社に寄り道しました


f:id:Ren_newkun38:20180706081558j:image

ここは、閑散としてます

歩いて1分くらいのところにある

「飛木稲荷神社」です


f:id:Ren_newkun38:20180706081457j:image
f:id:Ren_newkun38:20180706081547j:image

この時は閑散としてましたが、地元の方の

信仰はあついようです

 

飛木稲荷という変わった名前の神社ですが

なんでも、むかしむかし

暴風雨のある日どこからかイチョウの枝が

飛んで来てこの地に刺さり、それが根付いて

どんどん大きくなった事から、これは稀有な

事だって稲荷神社を建てちゃったんだそう

 

でも、この大銀杏の木が凄い!
f:id:Ren_newkun38:20180706081722j:image

 

本当に大木なんですよね

若葉の季節なので気持ち良い緑に包まれます


f:id:Ren_newkun38:20180706081532j:image

 

気づきました? 

この幹、焦げてます

実は昭和20年3月の空襲で本殿など

焼けてしまい、この銀杏も焼けたのですが

この銀杏のおかげで街への延焼が防がれた

のだそうです

おかげで多くの住人の命を救ったそうで

「身代わり飛木の焼けイチョウ」として

大切にされているそうです

戦後しばらくは焼けたままだったそうですが

数年後から芽吹き始めて、平成最後の樹勢は

ご覧の通りです

すっごいですね!

半分は丸焦げなんですが、73年経った今も

戦争の傷跡がこうして残ってる事がちょっと

衝撃でした

思わず、木肌を撫でてしまったのですが

本当は御神木だから触っちゃいけなかったのかも。

 

f:id:Ren_newkun38:20180706081413j:image

大きな傷を負ってもなお、勢いよく

繁る銀杏にパワーを貰いました

 

写した時には気づかなかったけど

この写真に隠れているものがあるのです


f:id:Ren_newkun38:20180706081429j:image

こうすると、分かるかな?

ここからもスカイツリーが見えました

 

 

そして、もう一つ隠れているものが

あるのですが、お判りでしょうか?
f:id:Ren_newkun38:20180706081635j:image

あ、この写真じゃなかった(笑)

これは焦げてるところの反対側ですが

枝なのか、根なのか垂れ下がって来てます

銀杏じゃないみたいだ

こういうの乳銀杏と言って、母乳が出ない母親

がお参りしたりということもあったようですね


f:id:Ren_newkun38:20180706081440j:image

隠れているのは、この写真だ

ヒントは稲荷神社って事ですよ

 


f:id:Ren_newkun38:20180706081420j:image

本殿の奥には、奥社がありました

お狐様がたくさんいます
f:id:Ren_newkun38:20180706081711j:image

すっごい、見られてます


f:id:Ren_newkun38:20180706081642j:image

めっちゃ見てます

ここは、とてもピリッとした空気が

漂ってました


f:id:Ren_newkun38:20180706081520j:image

狐穴があります

しっかりお参りして来ました
f:id:Ren_newkun38:20180706081508j:image

昔、会ったことも無い人に電話で

「貴方、狐がついてるよ」って言われた

事があるんですよね

ずっと気になってて、でもその人が

どんな人なのかもよく分からなくてそのまま

になってるんですけど、だから稲荷神社と

いうところに行き当たったらとりあえずしっかり

お参りするんですけどね

 

f:id:Ren_newkun38:20180706081505j:image

境内に、こんなものが置かれてました

防火用水なのかな?

「向嶋請地町」って書かれてます

「うけち」「うけぢ」と読むみたいです

これは「浮き地」という意味で、この辺りは

古くから埋立地だったことからついたらしい

のですが、まあややこしくなるので

やめときますね

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180706081501j:image

この後、スカイツリータウンにもどって

この人に会って来ました

あ、右のギラギラした人です



f:id:Ren_newkun38:20180706081646j:image

知る人ぞ知る、北海道の大スター

ブギウギ専務」こと、上杉周大さん

歩いて北海道を縦断してる散歩の神さま

みたいな人です

本業はミュージシャンなので、歌も聴かせて

貰って大満足。

 

 

というわけで、みなさん、大雨など

どうぞご注意下さい

ではまた、です