眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

黄昏銀座歩き

お腹がいーたーいー!

痛いです

ギリギリと痛い。

ザクザクと痛い。

ガジガジと痛い。

 

とりあえず、ヤクルト400飲みました

 

 

しばらくぶりな気がする

特に変わりはなかったですね

毎日暑くて、少しづつ日に焼けてるうちに

8月がやって来ました

 

♫8月、最初の水曜日が来たよ

ってだれの曲だっけな?

と思ってたら渡辺満里奈だった…って

知らないよね(笑)

(すみません、youtubeで検索して下さいね)

うちにあるアルバムに入ってる曲でした

 

と言うか今日はもう金曜だし。

 

 

今回は、先日訪れた夕暮れの銀座の

写真を添えながらお届けします

 

f:id:Ren_newkun38:20180803090702j:image

銀座と言えばここですね

昔の映画とかにも出てくるので

僕でもわかります

時計屋さん? なのですかね?

 


f:id:Ren_newkun38:20180803090803j:image

写真で見ると暑さは感じない夕暮れだけど

この日もとても暑かったです

でも、この頃よりもこの二、三日の方が

格段に暑い!

暑いのに、どこもここもボクシングの会長の

話をやってて、鬱陶しい

問題なのは確かだし、こういう悪い影響力を

持った人がやりたい放題なのはいつの世も

同じ事だけれど、マスコミに格好の餌を与えた

みたいで、それが不愉快。

群がってますねえー(笑)

 

f:id:Ren_newkun38:20180803100921j:image

 

相撲やらアメフトやらレスリングの次はボクシング

みんな集めて戦わせてみれば面白い

 

でも、こんな話が続くと別に悪いことしてなくても

シンクロのあの監督や、フィギュアのあのコーチ

とかもアンタッチャブルな雰囲気に見えてしまう

や、そんな事もちろん無いんだろうけど(笑)

サングラス効果なのかwww

 

ある程度の力を持った人が上に立たないと上手く

いかないのも確かだし、それは表裏一体と言うか

紙一重なのかも知れないけど、その天使と悪魔の

どちらに転ぶのかって、そこはやっぱ良心なの

でしょうかね?

でも、本人たちも100%悪意だけを持ってやってる

訳でも無いんですよね、きっと。

本人たちなりの良心を持って取り組んだ結果

普通の人なら小さなスコップでチマチマやってる

ところを、でっかいブルドーザーでガーッと

一気にやっちゃえる…

みんな、そのブルドーザーに頼ってた部分も

大いにあったはずなんですよね

当人たちにしてみれば、頼りたい時だけ頼って

ハシゴ外された!ってなっちゃうんだろな。

とは言え周囲からの期待に増長しちゃいけない

んですよね。周りがやりにくくなってきちゃうと

どうしようもないです

だから、単純に善悪で片付けられるかって言うと

それも難しいのかなぁと、思います


f:id:Ren_newkun38:20180803090649j:image

銀座をテーマにした歌と言えば、最近は

あまり聴かないですね

 

♫待ち合わせて歩く銀座〜

 

銀座の恋の物語よりも、僕は二人の銀座

が頭の中を駆け巡りました

(すみません、youtubeで検索して下さいね)

どちらにせよ、生まれる前の曲ですが

何となく、あの和泉雅子の素っ頓狂な声が

浮かんできて、歩きながら

 

♫まっちあーわせってーあーるくぎんざー

ひっともーしころー こーいのぎーんざー

 

って歌ってました

きっとあの人たちの青春時代と銀座は

変わったのでしょうが、僕的には銀座は

あの頃と変わらないなーという印象です

あ、生まれてませんよ(笑)

古い映画で観たのです

 

別に恋して弾む気持ちな訳でもなく

どちらかと言えば、一人では無かったけど

写真を撮ってる僕を冷めた目で見られてるような

居心地の良くない感じだったですが

そんなの関係ねー!

と、ひとり浮かれトンチキでした

 


f:id:Ren_newkun38:20180803090815j:image

何年か前に銀座のどこか地下に降りた

ところの喫茶店でコーヒーを飲んだのですが

そのコーヒーがとても美味しかったんですよ

でも、全く場所を覚えてなくてどうやって

行ったのかも、分からなくてたどり着けない

どころか、向かう事すら出来なかった

 

でも、そういう思い出というものは

心の中にあって楽しむものなのかも知れない

また行きたいな、と思ってるうちが花

実際、再訪してもそれほど美味しいとは

思わないのかも知れない

 

あ、美味しかったんだよ

ホットコーヒーだったんだけど

まるでフルーツジュースのように

香り豊かで味わいがあって、コーヒーの

苦味や雑味が一切無かった…

相棒に訊いても全然覚えていないらしい

行ったことも覚えているのか怪しい

人の記憶なんて、そんなもの

 

f:id:Ren_newkun38:20180803090713j:image

そう言えば歩行者天国はもう終わっていて

夕飯を食べるような時間だったから

銀座にしては人が少ない印象だった

もう少し着飾ったマダムや、お洒落な人を

見かけるかなと思ったんだけどな


f:id:Ren_newkun38:20180803090653j:image

この向こうに海があるのかと思ってましたが

方向を90度誤ってました

向こうは新橋方面なんですね

でも、どことなく海の気配がするような

しないような、そんな風も吹いていました



f:id:Ren_newkun38:20180803090727j:image

銀座は8丁目までですが、銀座ナイン

という商業施設が建っています

ここで、トイレを借りました(笑)

通りには、こんな風に丁目を示す看板が

順に設置されているので、看板の前で写真を

撮って貰いましたが、まあ載せるわけにもいかない

ので、割愛しました


f:id:Ren_newkun38:20180803090853j:image

ブランドのお店は建物もそれぞれ個性的で

眺めるだけでも楽しめます
f:id:Ren_newkun38:20180803090732j:image

こんな風な遊び心のある建物は素敵ですね


f:id:Ren_newkun38:20180803090736j:image

色んな角度から眺めてみましたが

僕は角っこが好きなようです(笑)

やたら角っこから写した写真が保存されてました


f:id:Ren_newkun38:20180803090748j:image

ユニクロ。 ウインドウに並ぶマネキンは

時間が来るとクルクル回転します

なかなか怖い絵でした


f:id:Ren_newkun38:20180803090849j:image

新橋が近づくと銀座も庶民的な表情になりf:id:Ren_newkun38:20180803090657j:image

こんなものを売ってるお店もあります

金魚釣りかと思ったら、バス釣りだそうです

外国人(イタリアっぽい)の家族がとても

興味を持ってました
f:id:Ren_newkun38:20180803090706j:image

夜店に並んでそうなおもちゃなんだけど

外国の人には珍しいのかな?

買ってましたよ


f:id:Ren_newkun38:20180803090751j:image

こういうの、掃除するの大変だよねー(笑)


f:id:Ren_newkun38:20180803090722j:image

どこかで買い物をする訳でもなく

ただただ歩いて七丁目。

暑いし、不機嫌にもなりますよね

僕はただ歩いて眺めるだけで幸せなんですが

それは価値観の違いってものですね

価値観が違うと、ダメになるのかな

よく芸能人の離婚の際に、語られますよね

そういう意味では、よく嫌々付き合ってくれました

感謝しなきゃいけないですね

ありがとうこざいました😊

 


f:id:Ren_newkun38:20180803090739j:image

銀座ナインのトイレに向かう

トイレに向かうって感じじゃないので

戸惑います


f:id:Ren_newkun38:20180803090822j:image

カッコ良い自撮り写真が撮れそうな

場所ですが、モデルがダメなので手の打ちようが

ありませんでした

壁だけお届けします(笑)


f:id:Ren_newkun38:20180803090717j:image

 


f:id:Ren_newkun38:20180803090810j:image

銀座人形館

ここは、銀座を歩く国内外のマダムが

密かに攫われて、地下に閉じ込められ

蝋人形にされるという噂の…

 

嘘です


f:id:Ren_newkun38:20180803090833j:image

なんだか、レトロな看板

「カット&パーマ シロー」

きっと、野村沙知代さんみたいな

もわーっとしたヘアスタイルの御婦人の

御用達なんだろうな

きっと、お高いんだ

 

って思って今調べてみたら

女性のカットが5000円代と庶民的

男性カットもオッケーだそうですよ

 

f:id:Ren_newkun38:20180803090829j:image

銀座の赤は京都の赤とは違う

 

なんだかそう感じる場所でした

 


f:id:Ren_newkun38:20180803123930j:image

日産のレーシングカーを展示してあるギャラリー

の上にあるカフェで、やっと一息つきました


f:id:Ren_newkun38:20180803123938j:image

窓ガラス一枚隔てて、煌びやかな向こう側と

そんな世界とは無縁な自分を感じていました

 

特に憧れるわけではないけれど

どこをどう生きればここにたどり着く

んだろうなぁ、とぼんやりそんなことを

考えていました

 

だけど、完全なる部外者な僕でも

なんとなく華やかな気分になれる街ですね

また来ようと、思いました

 

さて、今日はこの辺で。

また、です