眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

ソーダ水に浮かぶあの日の思い

いーつのーことーだか

思い出してごーらん…

 

や、思い出せないや(汗

 

とにかく、いつだったかこんなところを

訪ねてみました

 

f:id:Ren_newkun38:20180913003809j:image

姉妹で有名な阿佐ヶ谷です

この日は姉妹は地方でお仕事だったので

お会いする事は叶いませんでした

歩いているとヨーカドーとかから出て来そうな

気がしたんですけどねw

 

 

この回はたしか相棒が提案したネタでした

行きたい所があって調べてみるとどうやら

阿佐ヶ谷というところにあるらしい

と言うわけで、阿佐ヶ谷目指してやって来ました

僕は荻窪や高円寺には来たことがあるので

これで中央線でいうと高円寺と荻窪の間の街

阿佐ヶ谷も制覇しました

 

 

ついでに、例によって御朱印も頂こうと思い

駅近くにある「阿佐ヶ谷神明宮」経由でまち歩き

をすることにしました

 


f:id:Ren_newkun38:20180913004545j:image

ざっとした印象ですが、高円寺、荻窪より

阿佐ヶ谷は緑が多いように感じました

ケヤキ並木が美しい

天気も良く、気持ちいい街歩きになりそう


f:id:Ren_newkun38:20180913005600j:image

なんでもない建物なんだけど、真ん中の小さな窓

が好きな感じなのです

建物の色と隣の緑、青いテント、洒落てるな

って感じ伝わりますかな?

昔の観光地の土産物屋さんの雰囲気もあって

特別なところに来たような気がします

 

f:id:Ren_newkun38:20180913005650j:image

駅前なのに砂利道の路地があったりして

ギラギラしてない印象です

阿佐ヶ谷、いい感じ〜って言いながら歩いてました

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180913005923j:image

さっきの小窓の建物にある店舗

お店の名前が「月は夜を見て」

なんだこのさり気なさ。

シャンソンのタイトルみたいですが、ここは

芸能関係の方もやってくる知る人ぞ知る

お店なんだそうですよ

 


f:id:Ren_newkun38:20180913005930j:image

そこから二、三分歩くともう神明宮に

着きました


f:id:Ren_newkun38:20180913004452j:image

天照大神を祀る伊勢神宮系の神社です

阿佐ヶ谷駅から徒歩5分

都会の喧騒はここには有りません



f:id:Ren_newkun38:20180913005221j:image

鎌倉辺りの神社に来たような気分です

大きな神社のようで、アガりますw

 

この鳥居をくぐってずーっと歩いて行くと


f:id:Ren_newkun38:20180913005425j:image

次の門が見えて来ます

変な話、入園料払って入る日本庭園みたいな

構えなので、お財布出そうとしましたよ(笑)


f:id:Ren_newkun38:20180913005437j:image

ここでチケット買ったりしなくて良いです

無料で自然を満喫出来ます

ありがたいことじゃ。

 

f:id:Ren_newkun38:20180913123321j:plain

 

門をくぐると、右手にお能の舞台があります

めっちゃ本格的な舞台です

ここは、少し前に話題なったバンド

ゲスの極み乙女の「私じゃないのー」って 

曲のMVや、ベビーメタルの「メギツネ」という

曲のMVにも登場します

 

ひょっとして、陰陽座の「甲賀忍法帖」も

ここかしら?と思って調べたらあれは

埼玉県越谷市にある能舞台でした

 

好きなんですよね

 

f:id:Ren_newkun38:20180913004945j:image

赤い傘の向こうが拝殿です

ばっちりお参りして御朱印も頂きました

 

ここは厄除けや縁結びが主な御利益のようです


f:id:Ren_newkun38:20180913003903j:image

カシワバアジサイなのかな

庭の植物に興味が尽きないんですけど

今回はまだまだ先が長いので、進むことにします

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180913004019j:image

石窯パンの案内を見つけたので、つられて

やって来たんだけど、残念ながらこの日は

休店日でした

僕は、石窯で焼いた天然酵母のハードなパンが

好きです

良いところがあれば、教えて下さい

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180913003955j:image

同じ商店街には、青汁スタンドがあります

のぼりも立ってて開店してる風…

でもさ

「覗いてみると店の奥におばさんがいるには

居るんだけど、やって無さそうな雰囲気

店内も閑散としてて、青汁関係なものも

見えなかった。やってないんだよ」

と、相棒談。

んなバカな、と僕も覗くと奥におばさんが

見えたけど

確かに妙にスッキリしてる店内

ジュース・バーのイメージより街の薬局みたい

健康食品も取り扱っているらしく、

青汁もその都度葉っぱから

作っているそうで、その場にケールや果物が

並んでいないけど、やってないわけでは

なさそう

評判も良いみたいですが、

今回は次の予定があったので次の機会に

 


f:id:Ren_newkun38:20180913005003j:image

居酒屋さんみたいな名前のお米やさん

「だいちょうちん」ではなくて

「おおちょうちん」って読むらしいっす

元大学の相撲部だったご主人は

お米マイスターであり、仏像彫刻を

ライフワークにされている、なかなか楽しそう

なお店ですねー。



f:id:Ren_newkun38:20180913003846j:image

隙間が呼んでます

こっちゃさ来いと呼んでます

潜り込んで行きたい衝動を抑え

誘惑を振り切って、やって来たのは

 


f:id:Ren_newkun38:20180913003712j:image

懐かしい感じの喫茶店

いわゆる、一周回って新しいじゃん

という感じの賑わいをみせている人気の

茶店のようです

営業時間は深夜2時まで。

この辺り演劇の街だったりもするので

芝居のけいこを終えた人たちが深夜に利用する

んでしょうかね


f:id:Ren_newkun38:20180913003836j:image

「gionギオン」という名前の喫茶店です

阿佐ヶ谷にあって祇園なのか、擬音なのか?

お店の名前は「gion」です

ちょっとジブリっぽい

 


f:id:Ren_newkun38:20180913003755j:image

渋い店内です

ブランコ席が有るそうですが

とにかく満員の店内で、僕らは入り口付近に

通されたので、奥を伺えず存在の確認は

出来ませんでした

 

僕はなぜか勘違いをしていて、店の真ん中に

天井から吊られたブランコがあって

ハイジみたいにぎゅんぎゅん漕いで

遊ぶ奴なのかと思ってました

北の国から92'巣立ちで、純がたま子と行った

円山町のラブホにあったようなやつ‥って

古いか)

が、普通に

椅子の代わりにブランコが向かい合ってて

真ん中にテーブルがあるというもののようです

 

 

ウエイトレスさんの制服がめっちゃ可愛いんです

袖の膨らんだ大きめの襟の白いブラウスに

大きめのリボンが付いてます

レトロな女子高の制服みたいな感じで

写真撮りたかったんですけどねー

お願いするのもアレだし、隠し撮りもアレだしw

 

ナポリタンやトーストメニューが

おススメで、モーニングが人気だそうですが

お昼ご飯は実は先に食べちゃってるので

ここは予定通り、相棒が所望していたこれ↓

 

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180913003722j:image

「クリームソーダー♫」

 

f:id:Ren_newkun38:20180913004341j:image

クリームソーダーなんて珍しくはないけれど

でも、改めて考えてみたらもう何年も飲んでない

なんでもインスタ映えみたいなことを書いてある

記事を読んでいると、このお店が紹介されて

いたんだそうで、別にインスタはやっていないけれど

こういうレトロな純喫茶に行ってみたかった

んだそうです

 

でも、きれいですよね

ソーダー水の色は

いつ見ても美しいですが、お店の装飾とも

不思議な融合を見せてくれて、確かにインスタ映え

するような気がしますね

ここはアイスがダブルで乗ってきますよ

 

もちろん、味も美味しかった

甘すぎず、炭酸の分量もキツすぎず

ちょーど良い

子供の頃の特別なごちそうだったな

昔はチェリーが一個入ってましたね

 

アイスも入っていますが氷も入っています

僕は少し溶けてソーダ水と混ざったアイスが

氷に触れてシャーベットみたいになった

部分が好きなんですが、分かるかなぁw

 

f:id:Ren_newkun38:20180911222404j:plain

店内は、アンティークなインテリアと色が鮮やかな

ステンドグラスや装飾で飾られていて、造花が効果的に

色を足しています

決して田舎のスナックみたいに下品にならずに

それぞれの席で表情を作っていて居心地がいい

接客も素晴らしかったです


f:id:Ren_newkun38:20180913003734j:image

僕たちの沈黙はソーダー水が色を失くしても

まだ続いていた

別れを切り出された30分前から僕は

一言も口を開けずにただうなだれるばかりだった

 

やがて彼女は「ごめんなさい」と呟いた

ハッとして顔を上げると

「もう、行かなきゃ」

そう言って立ち上がった

奥さん・・」

「ごめんなさい・・」

もう一度そう声に出した彼女は

そのまま店を出て行ってしまった

立ち上がることすら出来なかった僕は

彼女の席に白いハンカチが落ちている

のに気が付いたのだった

 

みたいな、

ドラマのワンシーンごっこも出来そう(笑)

 

 

 


f:id:Ren_newkun38:20180913003725j:image

店をでて、これからは阿佐ヶ谷の街を探索します

あと、もう一軒神社に行きたいなと思っている

のだけれど、ちゃんとたどり着けるかな

 

歩いていると人のお家に行くようなアプローチに

珈琲の文字が見えます
f:id:Ren_newkun38:20180913003804j:image

思わず入っていくと、突き当りはこんな風に

本当によそのお家の庭に入っていく感じです


f:id:Ren_newkun38:20180913003849j:image

その手前に、刑事が聞き込みに行きそうな

外階段がありますね

さりげないセンスが良いです

調べたわけではないですが、阿佐ヶ谷はカフェや喫茶店

多いように感じました

個性的でつい足を向けたくなるようなお店が多くて

ここらに住んだら一軒ずつ訪れたいよねぇーと

話しながらの散策でした


f:id:Ren_newkun38:20180913003853j:image

階段の先にカフェはあるようです

「cafe on the roof」ですもんね

当然、上にあるわけですw

カンカンカンと小気味よく音を立てて

階段を上ってみたかったけれど、さっきクリームソーダ

飲んだばかりなので、見送ります

 


f:id:Ren_newkun38:20180913003923j:image

駅前の噴水広場には灰色の子供たちと

妙に群がる大人たちがいます

なにやってるんだろう?


f:id:Ren_newkun38:20180913003752j:image

どうやらここはポケモンのスポットだったようで

大人たちはみんなスマホを見つめてました

待ち合わせの噴水でまだかまだかと腕時計を

何度も見ていたのは昭和の事

今見つめるのは、スマホポケモンなんですな

 

という僕もちょっと戦って(逃げ回って)みました

でも、ボールを3回ほど当てたところで逃げられて

しまいました

もう、早すぎるよ!


f:id:Ren_newkun38:20180913003743j:image

左手に見えている阿佐ヶ谷パールセンターに

向かうことにします

 

が、今日はここまで。

では、またです