眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

いつかこの道を通ったことを運命と呼べる日が来るはず 阿佐ヶ谷

またもや台風ですね

この前のが酷かったので

今回はやたら警戒した報道が

されてますね

被害が出ませんように。

 

 

少し間が空きましたが、阿佐ヶ谷に

行った時の続編です

 

 

前回までは阿佐ヶ谷駅周辺の街歩き

でしたが、今回はそこからまた足を

伸ばして別の神社を目指しました

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180925084059j:image

どうしてこのマンションを写したのかな?

ハイツパピヨンって名前がチャーミング

だったのと、厚みのない壁に無駄なく

集合ポストが並んでるところを面白く

感じたの…だっけ?

でも、隣の植え込みと合わせてなんだか

良い感じに思うんですよね

 

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084123j:image

で、てくてく歩いてると

なんだか素敵な雰囲気のお店が

ありました

繁った樹木と石貼りの建物と大きい窓

Bという看板。全てが好きな感じです

ブティックのようでした

 

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084134j:image

振り返って見ると今度は影に光が差してて

それがまた雰囲気が良いんです

カフェなら入ったんですけどね

ここでお店やりたいなぁ


f:id:Ren_newkun38:20180925084131j:image

中央本線の高架下

阿佐ヶ谷アニメストリートという場所が

ありました

アニメ制作スタジオや、グッズ販売や

イベント会場や、ギャラリーなとが

あるらしい、っす

が、この日は殆ど閉まってました

ちょっと、残念す


f:id:Ren_newkun38:20180925084117j:image

なんかよくわかんないですが

お寿司のキャラを作ってるみたいです

でも、このお寿司のキャラだけで

店舗構えるとか凄いですよね

と、思ったら10日間だけの限定ショップ

だったみたい

買えば良かった(笑)とかすぐ飛びつくから

ダメなんだよね

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180925084104j:image

こちらはニコ生のスタジオらしい

美容院かと思った

ニコ生ってのもあんま見たことないけど

ああいうのは自宅でやる専門なのかと

思ってたわ

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084112j:image

そして、謎の天狗。

ちょっと変わったキャラグッズを

展示販売していました

こういうところで、自分だけのお気に入りを

見つけるのも楽しいですね

でも、僕は天狗に心奪われましたけど。

カッコいいです、天狗!

集めよかなぁ〜

あかんて! 無駄遣いはアカンて!

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084126j:image

高架下を抜けて行くと、たぶん元は川だった

ところが緑道になってました


f:id:Ren_newkun38:20180925084115j:image

桃園川緑道って素敵なネーミングです

もちろん沿道には、こんな風に


f:id:Ren_newkun38:20180925084237j:image

桃の木があって、ちょうど実が

色づき始めてましたよ

食べられる桃のなのかな? 結構大きめの

桃のだったですよ

 

なんか散歩道に桃が実ってるって

杉並区良いですねえ

 

 

 

そして、どこをどう通ったのか

目的の神社に着いたのです

ところが、なんと裏口にたどり着いて

しまったようで

 

f:id:Ren_newkun38:20180925084121j:image

こんな風に建物にぴったり張り付くように

鳥居が置かれています

この道を右側から歩いて来て、普通に前を

素通りしてしまい、一旦見失ってました(笑)

危ない、危ない

 

 

f:id:Ren_newkun38:20180925084109j:image

赤い鳥居を抜けるとこんな風な絵馬の掛かった

門が有ります

門の間のむこーの方が正面の鳥居と参道ですね

なんか逆から説明するのってやりにくいな

 

ここは、「馬橋稲荷神社」といいます

阿佐ヶ谷と高円寺の間くらいに位置して

いるみたいっす

チラッと小耳に挟んだ情報として

この神社は仕事運がUPするご利益があるとの

事で、ぜひ寄っておこうと思ったのです

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084107j:image

社務所の隣にはずらーーーっと

お稲荷さんが並んでおられますよ

 

f:id:Ren_newkun38:20180930134409j:image
これはたぶん、お家にお祀りするやつです

全てのキツネがこっちを見てるようで

なかなか壮観ですし、神聖な雰囲気が

あります

 

神聖な雰囲気は境内の森のあちこちからも

感じられるようで、なんというかこの神社

「本物」って気がしました

 

このたくさん整列している景色を

他でも見かけたんだけど、あれは

どこだっただろう…

 

あ!


f:id:Ren_newkun38:20180925084239j:image

これでした(笑)

 

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084101j:image

周囲は静かな住宅地です

神社は創建700年以上、鎌倉後期から

この地にあるようです

 

f:id:Ren_newkun38:20180925084408j:image

ちょうど修復工事をしていたので

こんな位置から写真を撮りました

 


f:id:Ren_newkun38:20180925084128j:image

京都から勧請して来た神社で元は

「足穂稲荷大明神」と言ってたのですが

昭和40年頃に馬橋の地名が住居表示改正

によって消える事になった為、神社の名に

馬橋の地名を残そうと改名したのだそうです


f:id:Ren_newkun38:20180925084055j:image

この正面の赤い鳥居のひとつ奥に

御影石造りの二の鳥居があるのですが、

柱に龍が巻きついていて、右は昇り龍、

左は降り龍になっています

昇り龍に触れると運気が上がるそうです

 

でも、降り龍ってダメなんじゃない?

そう思ったのですが、これは大地に水の恵みを

もたらしてくれる龍なのです

右の昇り龍に触れて自分の運気が上がったら

今度は左の降り龍に触れ、自分の運気を

世の中に還元することが肝要なのですよ

 

なんだかすごく納得する話です

なるほどなぁと思いました

またここを訪れて、左の龍に触れる事が

出来るようにならなければと思いました

 

f:id:Ren_newkun38:20180930144558j:image

そして、この神社を訪れて数日後に

新しい仕事が決まりました

 

正直そんなに積極的にご利益目指して

御朱印集めしているわけではないので

ここも自分が行く先の近くにある神社として

選んだ場所だったので、偶然なのでしょう

でも偶然に巡り合わせる偶然という確率って

そんなに高くないんじゃないかな

 

なので、僕の中では

有り難い事なのです。有り難い神社です

 

 

 

 

 

この後は歩いて高円寺駅に向かいました

f:id:Ren_newkun38:20180930150548j:image

途中見かけたテラスハウス

阿佐ヶ谷家族寮だそうですが現在は

人は住んでなさそうです

家族寮ってなんだろう?と調べてみると

ここは東京電力の社宅みたいでした

この建物好きです

 


f:id:Ren_newkun38:20180930150551j:image

後から知ったのですが、今歩いているこの通り

さっきの馬橋稲荷からすぐのところに

お笑いコンビ オードリーの春日の自宅が

ありました むつみ荘とかいう普通のアパートに

現在も住んでいるそうですね

(たぶん住んでないと思うけど)

 

高い建物が無い住宅地と商店街の中間

みたいな通りの奥に巨大な電信柱が見えます

遠くからみると煙突が電波塔かと思ってましたが

電信柱でした

大きな電力の送電線が通っているのでしょう

さっき、東電の社宅もあったし近くに変電所が

あるのかもしれません

と、思ったらさっきの家族寮が変電所設備

だったようですw

 

f:id:Ren_newkun38:20180930152013j:image

本日の寄生住宅はこちらのお宅です

かなり高級感溢れる建物だったですね

まだ人が住んでいるみたいでしたが、今よく

見てみると二階のバルコニーにある

物干しが何年も使用されていない竹製で

あるのが確認されたので、空き家みたいです

 

f:id:Ren_newkun38:20180930150546j:image

今回最後の写真は、これ。

何か断られてますが謎です

みるからに普通の家だったんですよね

 

大菩薩。

 

 

 

さ、今日はこの辺で

台風に備えて早めに夕食の構えを

する事にしますよ

本日は、肉団子のポトフとかぼちゃと

はんぺんのハンバーグです

あと、何か一品…大根なますでも作ると

します

 

では、またです