眠れない夜の為に-チープな 午前3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

ラビリンスインシャンプーチャンリンシャン

いつだったか、毎回思い出せませんが

ある日の午後に、埼玉県春日部市

出掛けてきました

春日部市と言えばクレヨンしんちゃん

有名ですが、他に何か観光地的なものが

あるのかと言えば、よくわかんないです

でも、電車の乗り換えとかで利用したり

する方もいるようで、春日部駅周辺は

ちょっとだけ賑やかな感じです

 

でも、今回は春日部駅より一つ向こう?の

なんとか駅(もう忘れてる)に降りました

 

 

 

f:id:Ren_newkun38:20181021230818j:image

手作り感いっぱいです

空のさんぽみちってなんだ?


f:id:Ren_newkun38:20181021230849j:image

どう見ても空ではなく地下に潜ってますよね?

空色ではあるけれど。

怪しい劇場とかありそうな雰囲気もしますが

たぶん、線路の向こう側行く為の道でしょうか?

今回は、この地下がキーワードですよ


f:id:Ren_newkun38:20181021230845j:image

この、なんとか駅周辺はご覧のように

何ともローカルな雰囲気で、いい感じ。

東京駅まで繋がってます

30分くらい?だったかな意外に近いです

 

 

そんな、ローカルな駅前に立っていると

マイクロバスがやって来て、僕らを攫って

行くのです

バスに乗る事10分…


f:id:Ren_newkun38:20181021230806j:image

あーあーあああああーーあ、ああーあああああー♫

蛍〜、純〜!

北海道は富良野の町にやって来ました

 

嘘です

 

僕は山に囲まれた海辺の町で暮らしていたので

こういう平野な風景を見ると何でも北海道に

感じてしまいます

実際の北海道で暮らした事もあるというのに

こんなもんじゃねえよ、って分かってるのに(笑)

 

 

 

f:id:Ren_newkun38:20181021230928j:image

バスを降りると、こんな建物があります


f:id:Ren_newkun38:20181021230912j:image

空模様がよろしくない日だったんだな


f:id:Ren_newkun38:20181021230839j:image

ここは、首都圏外郭放水路という施設です

ざっくり言うとこの平野に降った雨を

全部いきなり江戸川や荒川に流れっぱなしに

しとくと東京が洪水になってしまうので、この

平野に巨大な穴を掘って、そこに雨水を溜めて

少しづつ放水する…的な施設なんです

 

まあ、色んなところで紹介されているので

何となくご存知とは思います

僕もテレビで見て、行きたいなと思って予約

していたのでした


f:id:Ren_newkun38:20181021230932j:image

建物内で、施設の概要とか説明があって

それからその雨水を溜めておく穴の見学

となっています

 

で、ここが事件が起きた時に指令をだす

所ですね

 

嘘ね

 

たぶん、大雨の際はここに人が居て

状況に応じて操作をしたりするのでしょう

カッコいいですよね、これだけでも上がります

 


f:id:Ren_newkun38:20181021230915j:image

説明のあと、いよいよ穴に降りますが

大量の雨水を溜めておく施設なのでとても

深いらしいのです

エレベーターはありません

100メートルを下ります

もちろん、帰りは100メートルを登ります

 

足腰に不安のある方はご遠慮ください

らしいですが、かなり年配の方もいらしてました

若夫婦が嫁のお母さんを連れて来ていましたが

お母さん大丈夫なんだろうか?

なにより、それが気掛かり。

 


f:id:Ren_newkun38:20181021230829j:image

で、こうやって最終の注意事項を受けて

穴に入ります

ドアの隣に立っている女性がガイドさん

この方は職員さんではなく、バイトです

と話されていました

 

以前はこの施設、公共のものなので

限られた時にのみ見学で、施設の職員が

案内していたようですが現在は観光会社に

委託しているようで、見学日も増えて

ガイドさんも雇っているようです

 

f:id:Ren_newkun38:20181021230901j:image

 

さて、降りて来ました

よくギリシャパルテノン神殿のようだと

書かれてありますが、どーでしょう?

巨大なコンクリートの箱を支える柱がすごい

 

神秘的な感じに写真を撮りたいと

思いましたが、旧式のiPhoneでは限界です

 

f:id:Ren_newkun38:20181021234837j:image

床が水で洗い流されてとても綺麗ですが

実はここに雨水を溜めたあと、放水すると

土砂がたくさん残るのだそうです

で、見学コースに土砂があると危険だという

ことで人力で土砂は掃除され、このように

ピカピカになるのだとか。

 

f:id:Ren_newkun38:20181021235131j:image

有り難いことですじゃ〜

 

えっと、地下は涼しいのはもちろんですが

思ったより臭くはないです

換気もよくされているのでしょう

ここでは色々な映画や仮面ライダーとかの

撮影も行われています

コンサートもやるのだそうで、どんな風に

音が響くのか興味ありますね

 

 

f:id:Ren_newkun38:20181021230924j:image

実は、見学出来る所はほんの僅かなのです

ずーっと向こうまで続いていますが

手前にロープが張られていて、この見えている

部分も立ち入り禁止なのですよ

ロープ越えで、腕を伸ばして撮影しています

 

もっと広く見学出来るのだと思っていたので

そこは少し残念ですが、まああまり向こうに

行っちゃうと、捜索が大変ですもんね

何しろガイドさん一人で連れてるんだもん

しょうが無かですたい

 


f:id:Ren_newkun38:20181021230813j:image

コンクリートが白く光るので

露出?を少し弄るとこんな風にいい雰囲気

になりますが、実際はもっと明るいです

肉眼だと神秘的とはちょっと違うかな

 

ああ、こういうのネタバレみたいだから

言わない方が良いんだろうか?

 


f:id:Ren_newkun38:20181021230822j:image

先程の、床を人力で掃除してまーす

とかのネタを説明して貰っています

写ってる人は知らない人達ですよ




f:id:Ren_newkun38:20181021230907j:image

この天井に縦線があるのがお分かりですか?

あそこがサンダーバードみたいに開いて

そこからクレーンが降りて来て溜まった泥を

地上に出すのだそうです

めっちゃカッコいい

でも、あんなに隙間空いてて良いのか?

良いんだよね、もちろん。


f:id:Ren_newkun38:20181021230833j:image

地下100メートルは、一直線の階段だと

勝手に思ってましたが、実は緩やかな折れ

曲がった階段だったので、特に足腰に来る

事もなく登り降り出来たのでホッとしました

突き当り、緑のライトがある辺りが階段です

 


f:id:Ren_newkun38:20181021230919j:image

見学を終えてバスに乗る頃には日も暮れて

外は外で幻想的な風景です


f:id:Ren_newkun38:20181021230809j:image

と言うわけで、首都圏外郭放水路

駆け足でご紹介しました

 

 

特にお土産品とか美味いものとかが

無くてそれが残念です

何かそういうとこに力を入れたらもっと

良くなるのになあ

 

では、またです