眠れない夜の為に-チープな 午後3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

月がとっても青いから、明日はナポリたん

自分が恐ろしい

今日のブログを書いたと思っていたのだ

 

なぜか脳内でブログの内容も

反芻出来てしまう

どこに書いたのだ?

 

 

夕飯は一人だった

お気に入りの惣菜屋さんに寄って

適当におかずを入れてもらってお弁当

にしてもらう

f:id:Ren_newkun38:20181024232636j:image

ほかに容器が無かったのか、これがデフォなのか

お花見弁当みたいな豪華な箱に入った

サバの味噌煮弁当です(笑)

 

 

f:id:Ren_newkun38:20181024232939j:image

みごとに、茶色い弁当(笑)

こういうのが美味しい年代になりました

 

この通りには、小粋な洋食屋さんとか

カフェっぽいお店や、美味い肴が出てきそうな

バルとかもあるんですが、どうも一人だと無理だ

一気にハードル高くなる

 

 

家に帰って、さっさとお弁当を食べて

ボケーっとしてました

風呂入らなきゃ…と思いつつも、ボケーっと

タイムが長くなって来て、ああ動け動け動いてよー

って重い腰を上げた途端思い出しました

 

「ボディソープ無いの」

 

液体ボディソープどころか、固形石鹸すら

この家には無いのです

どうしたって、買いに行くしか無い

もうこんなにまったりのったりしてるのに

 

 

いやや! うち、お外出るの嫌や!

 

せやかてお外行かなボディソープ買われへん

 

いやや、嫌や、せつこロロップ舐めたいねん!

 

 

なんて事言ってる場合じゃなくて

仕方ないので、ドラッグストアに

向かいました

 

今日は満月なんですね

すごく綺麗な月を見られました

お得感あります

 

 

で、ドラッグストアでウロウロしてると

中学一年生くらいの可愛いカップルが

買い物してました

こういう初々しいカップルを見るのが好き。

変な意味ではなく、ほんと心が洗われるよう

穢れを知らない感じのかわいらしい二人に

おじさんは癒されるのです

 

 

 

買い物を終えて、何となく夜風が心地よくて

外のベンチに腰掛けてぼんやりしてました

ここからだとすっごく遠くにスカイツリー

見えています

うん、すっごく遠いんだけどね

 

 

見上げたらさっきまでの満月が

雲に隠れるところでした

 

f:id:Ren_newkun38:20181024234822j:image

でも、少し青みがかって好きな感じの月です

昔住んでいた家のベッド横の窓からは

いつも月が見えていて、だからロールスクリーン

を降ろさずに、月明かりの中で眠るのが

習慣でしたが、ここに来てからはわざわざ外に

出ないと月が見えなくて残念。

 

でも、たまにはこうして

夜の街角で、何者でも無い

ただのモブになって過ごすのも

悪くない

 

 

どこからか歌声が聴こえて来ました

自転車の後ろに乗せた子供とお母さんが

童謡を歌いながら帰って行きます

何だか良いな

 

ああ、明日はパスタを作ろう

唐突に思いついた

なぜか気分はイタリアン

 

月影のナポリを思い出したからやな

また古い歌を思い出したものだ(笑)

 

♫青い月の光を浴びながら

私は砂の中に、愛の形見をみんな埋めて

泣いたの一人きりで

 

 

 

では、また