眠れない夜の為に-チープな午前3時-

初めての関東暮らし、町歩き、出逢いを記録しておきたい

言いたいことも言えちゃうこんな世の中にちょっと見えちゃう怖いモノ

少し前のこと。

 

季節外れなのかどうか、雪が降りました

べちゃべちゃとした牡丹雪は

雨から気がつくと雪の華になっており

冷たい滴で咲き揃った梅を濡らして

いました

 

こんな季節の変わり目

 

世の中は得体の知れないウイルスに

怯えていて、なんだか気分も沈みがち

 

僕も心の晴れない出来事があって

どうしたものか、思案中

 

f:id:Ren_newkun38:20200320221958j:image

 

こんな時は、どうしよう

 

こんにちは。

れんにゅうくんです

 

恐ろしい疫病が流行っているので

恐ろしい話でもしましょうか

 

 

 

昼間の出来事です

 

自宅にいた僕は思い立って

トイレに入りました

僕はトイレは座ってする派です

座って暖かな便座に腰を落ち着けると

置いてあった埋蔵金に関する本を

読み始めました

これらの一連の行動は、どれも無意識の

うちに行われていて、文字を追っている僕は

すでに排泄のためにこの部屋に来たことすら

忘れてしまっていました

 

しばらく本に集中して、陰陽五行説についての

くだりを読んでいる時に、それは起こりました

 

 

ウチのトイレのドアは、窓は無く

上部に小さな丸い半透明なプラスチックが

ハマっている明かりとりがついています

下部の床に面する辺り、真ん中は少しだけ

隙間が開いており、廊下の光が見えるように

なっているのです

外界に通じる窓は無く、トイレに入る際は

電気をつけて入るのが普通です

 

この時も電気はついていました

 

便座に腰掛けて本を手に少し前屈みな

姿勢をとっています

視線の先は本のページ。

本の向こう、視線の延長線には

ドア下部の、隙間がある

 

ふと、ページから目を逸らした時のこと

 

ドアの隙間、廊下の光が漏れているところに

黒い影が、左から右にすすーっと横切りました

廊下の右方向には、居間がありますが

居間と廊下の間のドアは閉じていたはず。

今、トイレドアを開けると右側には

誰かが居るのです

 

明らかに人が横切った影でした

 

 

f:id:Ren_newkun38:20200320214910j:image

 

しかし、この時家には僕以外誰も居なかったのです

 

耳の奥が、ジーンと鳴り

全身が緊張します

 

誰かがいる

誰もいるわけがない

 

二つの想像が頭を駆け巡ります

 

このままここに居て様子を見る

このままここに居る訳にはいかない

 

本をそっと閉じて本棚に置くと

僕は現実的な選択をしました

 

 

「あーあ!」と大きな声を出す

なぜ、あーあなのか。

臆病風が吹いてきて、つい口をついた言葉が

「あーあ!」

自分の貧困過ぎるボキャブラリーに

うんざりしながら思いっきりよく

ドアを開けました

 

 

誰もいません

居間に通じるドアも閉まっています

廊下には誰もいないのです

少しほっとしながらも、確かに見た黒い影に

怯えながら居間に通じるドアも開けました

 

やはり、誰もいません

 

良かった。

と思うまもなく襲ってくる不安。

逆に誰もいないなら、あの影はなんなんだ!

 

クローゼットの中や天井にある点検孔

床下収納やら、流しの下まで

あらゆるところを開けてみましたが

もちろん、そんなところに何かいるわけもなく

黒い影は、ただの幻影という結論に

至りました

 

うーん…

 

幻影かぁ。

いや、見えたんだよ、実際。

怖かったああああぁぁ〜!

 

 

 

怖い、と言えば。

 

先日の11日であの大地震から9年が経ちました

 

なんだかね、あの日を境に

世界は変わってしまったような

気がするんだよね

たしかに、あんな事があれば

それぞれの心に変化が現れるのは当然だし

僕だって、転職したり引っ越ししたりの

きっかけはあの地震だったんだ

それは、そうなんだけどね

 

あんなひどい事が起きたのだから

みんなが力を合わせて助け合って

これをきっかけ、という言い方が良いのか

分からないけどもっと手に手を取り合う力が

生まれるのかと、思ってたんだよね

 

でも、実際は

誰かのせいにして、誰かを非難して

足を引っ張りあって、自分以外の人達を

嘲笑うみたいな変な世界に変わってしまった

 

誰かの責任を追求する事もそりゃ

必要だとは思うけど、でも今はそれよりも

もっと協力し合う、助け合える情報を

いっぱい流さなきゃいけないんじゃないの?

って思うのに、マスコミは面白おかしくか

ヒステリックな感じで、煽ってばかりいる

 

今回のコロナ騒動で、それがさらに

顕著になって来た

 

誰かが提案する

非難する

誰かが取り組む

非難する

煽る、煽りまくる

 

いや、ちょっとみんな一回口を閉じろよ

 

口々に色々言い過ぎだよ

ちょっと黙れよ。

 

言いたいこと言えるのは良い事だろうけど

今いう事なのか、どうか

一旦、口を閉じて考えろよ

と、思うんだよね

 

必要なのは正しい情報であって

批評や、批判じゃないんだよ

 

ニュースもワイドショーも

Twitterネット掲示板

ブログも。

 

なんだか、怖いよ

みんなどうしちゃったの?

 

 

 

桜もほどよく咲き始めた事だし

ここらで外に出てみて、ポカポカ陽気の中

花を見たり、空を見たりして

ちょっとクールダウンした方が良いよ

 

 

f:id:Ren_newkun38:20200320221310j:image

 

れんにゅう。でした